亜熱帯化するニッポン

20070601-DSC_1566.JPG

ここ数日、天気がいい日が続いていて、夏も近づいてきた感じだ。

それにしても、日本の夏は本当にジメッとしている。それに比べて、先日出張で行っていたサンフランシスコやロサンゼルスの天候はカラッとしていて、どんなに晴れた日でも汗ばむことがほとんどない。

誰もが感じていることだとは思うのだけど、日本の夏は年々暑さとじめっぽさを増してきていて、亜熱帯化してきていると言っていいと思う。真夏の東京都心などは、高層ビルの並ぶようなところを歩いていると、亜熱帯よりも不快指数が高いように感じる。

と、そんなようなことをふと感じたのは、涼しかった夜も、ここ最近暑くなってきているからだ、多分。うちにはブルドッグ達がいるので、さらに暑くなると冷房をつけっ放しにしておかないと、奴らにとっては命に関わるほど危険な暑さになる。こんなようなことを意識するようになってきた、ってことは、やっぱり夏はもうすぐってことだ。

今年の夏はしっかり夏休みを取って、みんなで仙台にでも遊びに行きたいところだ。

そんなわけで、ホントただの日記を書いてみた。そんな日があってもいい。まあ、いつも中身があるようなないようなことしか書いてないけれども。

1 thought on “亜熱帯化するニッポン

  1. Pingback: 仙台もやっぱり暑い

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.