iPod shuffleを開封するの巻

一昨日のエントリー(参照)で買っちゃおうかなあ、なんて言っていた最新のiPod shuffle(第4世代)を昨日さっそく銀座のアップルストアで買ってきた。

DSC_4789

こんな感じで、シンプルかつセンスのいいパッケージング。アップル製品のパッケージングはつくづくセンスがいいなあ、と改めて思ったりする。

DSC_4793

透明なプラスチックのふたを取る。

DSC_4795

手に持つとこんな感じ。

DSC_4801

本体を取り出したあとには、アップル製品定番の「Designed by Apple in California」と書かれたシンプルな説明書が。こういうところのこだわりもやっぱり好き。

DSC_4796

小さくて薄くて軽いのだけど、アルミの質感がとてもいい。ボタンの大きさ、押し具合もほどいい。

DSC_4797

iPod touch(第2世代)と並べてみる。

DSC_4799

十分な大きさと強度のクリップには、アップルマークが。クールだ。

DSC_4802

付属されてくるのは、ヘッドフォンとiPod shuffle用USBケーブル。思いのほか短いUSBケーブルは、本体のイヤフォンジャックに挿すようになっている。

開封後、早速iMacとつないでオートフィルで音楽を入れたのだけど、オートフィル(iPod shuffleの容量に合わせてiTunesが自動で曲を入れる機能)の設定に若干とまどったりもした。その辺りはまた別のエントリーで書く(かもしれない)。

今日、早速このiPod shuffleを持ってジョギングしようと思ったのだけど、あいにくの雨でデビューはお預け。明日も雨のようなので、デビューは明後日になるかな。楽しみ。

それにしても、改めてアップル製品のパッケージングの素敵さが、個人的には思いっきりツボだ。開封すること自体が楽しい製品ってのもなかなかないよなあ、ほんとに。

1 thought on “iPod shuffleを開封するの巻

  1. Pingback: iPod shuffleをDJにランを楽しむ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.