天才に近づくには

近くにアイデアは
いっぱい転がっているんです。
どこかに特別なものが
あるわけじゃないんですもの。
<スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーの言葉
 『ほぼ日刊イトイ新聞語録』より>
ほぼ日手帳2006 – 2月3日の言葉

そうそう、そうなんだよ。
だからどんな些細なことでも、くだらないことでも、
頭に浮かんだことは、何でもメモっとく。
その中に、宝物がある。
アイデアマラソンの樋口先生によると、
1000個の発想の中に3個の素晴らしいアイデアが含まれている可能性が高いらしい。
残りの997個は、しょうもないものかもしれない。
けど、その997個がないと、3個の宝物は出てこない。
つまり、無駄なアイデアなんてひとつもないので、
とにかく吐き出し続ける。
エジソンもアインシュタインも、メモ魔だったってのは有名な話。
世界を変えるような彼らの素晴らしいアイデアは、
それ以外の「お蔵入り」のアイデアがあってこそのもの。
メモ帳は手放さない。
これが天才に近づく唯一の道、かも。


【参照】
» ほぼ日刊イトイ新聞語録 – ほぼ日刊イトイ新聞
» メッセージダイアリー: 毎日ひとつの言葉(メッセージ)について一言書いています。
» 自分にとって意味のあるブログを毎日続ける方法 – シゴタノ!: メッセージダイアリーを始めるきっかけとなったブログ記事

1 thought on “天才に近づくには

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.