つづきが知りたい気持ち – 『つづきの図書館』

うちの嫁さんが本屋さんの子ども向け書棚で目に留めて、気になって、購入した一冊。

嫁さんが読了したあとに、僕も「たまには子ども向けの本を読むのもいいかな」と読み始めたら、思いのほかハマって一気読みしてしまった。

絵本のなかから出てきたキャラクター達(はだかの王様とか)と図書館の司書として働き始めた40歳の女性とが「つづき」を探す、という、こうやってざっくりと書いてしまうと「?」という感じの物語だけど、子ども向けのファンタジー物だと思っていたので、それはそれで楽しみに読み始めた。

ただ、読み始めたら思いのほか・・・、んーっと、やっぱりこれ以上に内容に触れていくのはやめておこうかな。ひとつだけ言うとしたら、読み始めたら一気読みせずにはいられない物語、ということだけ言っちゃおうかな、うん。

色々な本を読みたい、と思っているし、絵本を読むのも結構好きだったりするのだけど、この本のように絵本ほど幼少向きではない、小学生くらいの年齢の子どもを対象とした本ってあまり読まないなあ、なんてことに気づいたりもした。これからは、この辺りの本も読書対象にしていこうかな。

ただ、この本は子ども(小学生くらい)対象とはいえ、大人も十分に楽しめる内容。お勧めです、はい。

Posted from dPad on my iPad

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *