王道タイムトラベルSF – 『夏への扉』 by 演劇集団キャラメルボックス

今日の散歩風景
Taken with F-01C

演劇集団キャラメルボックス 2011 スプリングツアー『夏への扉』を観てきた。

» 夏への扉 – 演劇集団キャラメルボックス 2011 スプリングツアー

観てきたのは、今日19時の回。実際には今日14時の回が千秋楽だったのだけど、震災の影響で中止された公演の追加公演として上演されたのが、今日19時の回、なので実質本公演の最後の上演を観てきたということになります。

千秋楽は14時の回だったので、19時の回は普通通りに終わるのかなーと思っていたのだけど、三本締めやキャストのみなさんが客席の通路を走って退場する、といった千秋楽のようなカーテンコール・退場シーンをやってもらえて、何だか嬉しかったですね。

『夏への扉』は、「王道タイムトラベルSF」といっていい内容の物語なので、そっち方面が好きな人ならたまらない内容かな、と思います。僕は割とそういう系の話が好きなのでハマりました。物語のテンポが早く、ちょっと内容の理解が追いついてない部分も正直あったりもしましたが。まあ、その辺りは今度原作を読んでみようかなと思ってるのであまり気にせずに、キャラメルボックスらしいテンションの高いステージを楽しみました。

そして、今回の『夏への扉』初演はDVD等の映像化はしない、らしいです。数年後に再演されるとは思うけど、今回観れて良かった。色々な意味で。

See also

夏への扉[新訳版]
» 夏への扉[新訳版]

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

One thought on “王道タイムトラベルSF – 『夏への扉』 by 演劇集団キャラメルボックス

  1. Pingback: もっと読書したい、しなきゃ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *