ケンカするほど仲がいい

先日うちに来た、二匹のフレンチブルドッグス。

引き取ったとき、白い子のほうには寄生虫が居たので隔離されて生活してましたが、今日病院に連れてって検便したところ二匹とも寄生虫がいなくなってました(感激)。今までは寄生虫が移らないように間に挟んであったアクリル板にガッツンガッツン頭をぶつけたり、ちょっとのスキマからお互い何とか触れ合おうと止めてあるテープを剥がそうとしたり、見ていて切なくて仕方なかったわけです。これでやっと二人仲良くジャレあいながら暮らしていけるなあ。ああ、よかったよかった。ホントによかった。マジでよかった。

そして、二人の間にあったアクリル板をはずし、二人一緒にケージに入れてみたのですが。

「さあ、ジャレあうんだ、君達!」と。

始まったのは、大喧嘩。ジャレ合いの枠を超えた激しいバトル。「こんなもんだよ、じょじょに慣れてくんだから。」なんて思って放っておいたら、ドンドン激しくなる一方。噛むは殴るわ、押さえつけるわ。ごはん食べるときも相手のごはんに手を出すわ。仲悪いのかしら・・・、なんて本気で心配してたのですが。

NEC_0267

心配ないみたいだ。寝るときは、こんな風にくんずほぐれつ密接して寝ているし。近付きすぎ(笑)。

何はともあれ、本当良かったね、君達。仲良くやっていこう。

1 thought on “ケンカするほど仲がいい

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.