国立にある、都内最古の喫茶店と言われる『ロージナ茶房』のザイカレーが、量、味ともに大満足だった

スターウォーズ鑑賞会をしようっことで、国立に住んでいる友達宅に遊びに行った際に、「ロージナ茶房」でランチを食べてきた。

ロージナ茶房 (ロージナサボウ) – 国立/喫茶店 [食べログ]
http://tabelog.com/tokyo/A1325/A132503/13016337/

1954年創業ということで、「都内最古の喫茶店」とも言われている『ロージナ茶房』。雰囲気は、ザ・喫茶店という感じで、昔ながらの喫茶店という佇まい。二階が禁煙席になっているようで、二階に案内してもらったんだけど、なんとも懐かしい雰囲気。僕らが案内された席は、椅子やテーブルも少しガタガタしていて、年季というか歴史を感じる。

さて、今回はランチで行ったので、コーヒーは飲まずに食事だけ楽しんできた。

オーダーしたのは、「ロージナ茶房」の名物メニュー「ザイカレー」とアボガドグラタン、グリーンサラダ。どれもボリュームたっぷり。

GR002815.jpg

友人夫妻も同じくザイカレーとアボガドグラタンをオーダーして、グリーンサラダは4人でシェア。4人でシェアしても、十分な量。

GR002810.jpg

アボカドグラタン、ゴロゴロとアボカドがたっぷり入っていて、こちらもなかなかのボリューム。味はさっぱりめ、かな。アクセントにタバスコをかけて食べてもいいかな、と思うけど、今回は一緒に頼んだザイカレーのパンチが効いていたので、タバスコはかけず。

GR002813.jpg

そして、こちらがザイカレー。まず、ライスの量に驚く。普通のカレー屋さんの特盛りぐらいの量はあると思う。

GR002812.jpg

しっかりと煮込まれた牛肉がふんだんに入っていて、かなりしっかりとした味。酸味も効いていて、結構辛い。といっても、激辛、というほどではなくて、なんというか味わえる辛さ。食べ始めると止まらなくなる。これは癖になる味だ。

というわけで、ロージナ茶房ランチ、楽しんだ。昼前に入ったので、まだそこまで混んでなかったのだけど、12時近くになると、家族連れもたくさん来店して、ほぼ満席になっていた。他の席ではナポリタンも食べていて、これもまたすごい量。ザイカレーもカレーを含めた他のメニューも、腹の減り具合によっては二人で取り分けて食べても大丈夫かも。

ザイカレー、また食べたい。

謹賀新年2016

DP2Q3732.jpg

SIGMA dp2 Quattro, F7.1, 1/320s, ISO:100

あけましておめでとうございます。

元日に、ベランダから撮った、ピント合わずの夕焼け。

今年もまた、ピントが合わなくても、気にせず、色々と楽しんでいこうかな、と思っております。

よろしくお願いします。

masaru

我が家の犬たち、今年の一枚 – 2015年版

さて、今日は大晦日。ということで、今年撮った我が家の犬たちの写真のなかから、今年の一枚を選んでみた。

いやほんと、飼い主バカと言われることを承知で言うと、どの写真もかわいくて、面白くて、個性があって、なかなか、この1枚!ってのが選ぶのが難しいんだけど、今年撮った写真をざっと眺めて、直感で数枚ずつ選んで、そのなかから、さらに一枚に絞ってみた。

ばばちゃん

P3272537.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F7.1, 1/640s, ISO:200, +0.7EV

ふく

P3272501.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F2.8, 1/1250s, ISO:200

うめ

GR001486.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/160s, ISO:100

ぷー

P6177512.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F2.8, 1/80s, ISO:800, +0.3EV

そな

GR000302.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/60s, ISO:1600, +0.7EV

かい

GR000352.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/60s, ISO:200

義姉家の犬たちも、ゲスト出演してもらおうかな。

アポロ

PB018723.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F2.8, 1/80s, ISO:800, +1.0EV

チロル

PB018730.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F2.8, 1/80s, ISO:1600, +1.0EV

来年もまた、みんな元気に。

GR001126.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/60s, ISO:250

ラーメン二郎 ビフォーアフター 2015

年に一度のラーメン二郎。

■これまでのラーメン二郎ビフォーアフター
» ラーメン二郎 ビフォーアフター 2011
» ラーメン二郎 ビフォーアフター 2012
» ラーメン二郎 ビフォーアフター 2013
» ラーメン二郎 ビフォーアフター 2014

11月最初の週に、実は食べてた、年に一度のラーメン二郎。

今年もビフォーアフターショット

▼ビフォー。トッピングは、野菜。

Untitled

▼アフター。(ほぼ)完食!

Untitled

というわけで

ラーメン二郎を食べるのは今回で7回目(ビフォーアフターエントリーは今回で5回目)。いつも言ってるけど、食べると、向こう一年くらいは食べる気がなくなるので、年に一回の二郎。

今年も、食べた後、ちゃんと、腹が痛くなった。去年はニンニクをトッピングしてしまって、翌日まで家族に迷惑をかけてしまったので、今年はニンニクなしにした、というのに、やっぱり腹は痛くなる。やっぱり、二郎は年に一回でいいと思う。

では、また来年。

GR002318.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/60s, ISO:140, Effect: High-contrast B&W

まどろむうめを、横から撮ったら

Untitled

気持ちよさそうーにまどろむ、うめ。

いいねー、まどろんでるねー、と思って、写真を撮ろうと横に回ってみると…。

Untitled

…あれ。

Untitled

こ、この体勢はラクなのか…?

Untitled

こ、これでまどろんでるのか…?

Untitled

でっぷり腹が、乗ってます。

Untitled

まあ、本人が気持ち良くまどろんでるなら、いいんだけどね。

とにかく眠たいうめゴン #ricohgr

GR002024.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/80s, ISO:100

旅行中も、とにかく眠たいうめゴン。

GR001740.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/125s, ISO:100

ただ、こうやって寝ているだけじゃなくて、他のワンコいたりすると、すごい勢いで動き出して、吠え続けたりするので、こいつの存在感はすごいのであった。

RICOH THETA Sがやってきた。これは、みんな買うべき。

Untitled

二年前に初代RICOH THETAをゲットし、家族写真、旅行写真、飲み会写真、イベント写真、ペット写真、等々、様々なシーンで全方位360度の全天球イメージを撮って楽しんできた。で、昨年発売された動画も撮れる後継機m15は、動画が撮れるのは魅力的だったけど、静止画像の画質が向上しているわけではなかったので、スキップしていた。

そして、今年大幅に静止画像の画質が大幅に向上し、HD動画も撮れるTHETA Sが発表されて、即予約、そして発売日にゲット。

» THETA S | RICOH IMAGING
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/theta_s/
» 製品紹介 | RICOH THETA
https://theta360.com/ja/about/theta/s.html

早速、色々と静止画や動画を撮っているけど、初代と比較して画質の向上っぷりが本当にすごい。スペックを見ればそれは明らかだったけど、実際に自分で撮ってみて、家族やペットと撮った全天球画像や動画を見ていると、その進化に驚くばかり。屋内でも極端に暗い部屋でなければ、十分撮れる。

これだけの高画質で自分を含めた家族・ペットとの360度全天球画像・動画が残せるというのは、本当に素晴らしいことだと思うから、みんなTHETA Sは買うべきだと思う。いやほんとに。

写真や動画をたくさん撮ることはあっても、自分が写ってる写真が少ない、というような人は割といるような気がするけど、そういう人は特にTHETA Sで家族や旅行写真を撮るといいと思う。僕も自分が写ってる写真はすごい少なかったのだけど、THETAを買ってから、家族との写真や旅行写真に自分も写せるというのが、すごく楽しい。

というわけで、RICOH THETA Sで撮った全天球画像と動作のサンプルを載せておきます。

On he footbridge – Spherical Image – RICOH THETA

» RICOH THETA S – On the footbridge – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=i7NfFw3NBow

※360度全天球動画は、今のところGoogle Chromeのみでサポートされている模様。他のブラウザでは、ただの360度画像を平面にしたパノラマ動画としてしか見れない。

See also

» THETA S | RICOH IMAGING
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/theta_s/
» 製品紹介 | RICOH THETA
https://theta360.com/ja/about/theta/s.html

B014US3FQI
» RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球イメージ撮影デバイス 910720 (Amazon)

Roomba 980 meets our dogs (2) / ルンバ980が我が家にやってきた – うちの犬たちとの出会い (2)、そして犬たちとルンバの共存生活が始まる #アイロボットモニター

【アイロボット ファンプログラム限定シークレット ファンミーティング】に参加し、ロボット掃除機ルンバの最新モデル「ルンバ980」を永久モニターさせていただくことになり、ルンバ980が我が家にやってきて、犬たちとの共存生活が始まっております。

» 最新最強ロボット掃除機『ルンバ980』が我が家にやってくる!
http://heydays.org/2015/10/roomba-980-in-my-home-irobot-fan.html
» Roomba 980 meets our dogs (1) / ルンバ980が我が家にやってきた – うちの犬たちとの出会い (1)
http://heydays.org/2015/10/roomba-980-meets-our-dogs-1-kai-fuku-ume.html

うちの犬たちとの初対面を無事済ませて、もうすっかり馴染んだ様子のルンバ980。

↓のような感じで、ルンバ980が活動中も、犬たちはソファで寝てたりして、ルンバ980の音や動きは特に気にしていないようだ。

たまに、ソファに上がらずにフローリングでルンバ980と激突することもあるけど、そんなときも別に怒ったり遊びだしたりもせず、ルンバ980に道を譲っている。

↓は、ルンバ980が仕事を終えて、ホームベースに帰ろうとしているその道筋に犬たちがいて、ホームベースにひたすら向かうルンバ980に道を譲る様子。

こちらの動画の00:20あたりで、ホームベースに帰ろうとしたルンバ980が壁に当たることもなく、スムーズに部屋から部屋へ移動する様子も映っているのだけど、この辺りの動きがルンバ980は本当にかしこいというか、よくできてるな、と。

カメラとセンサーを使ってマップを作りながら掃除しているので、無駄な動きがかなり少ないし、部屋から部屋へ移動する様子を見ていると、明らかにマップを理解して移動しているな、というのがよく分かる。素晴らしい。

犬とルンバの共存生活で気をつけていること

ルンバが来てから10日ほど経って、思っていたよりも問題なく犬たちとの共存ができているのだけど、我が家的に犬とルンバの共存生活で気をつけていることを並べてみる。

ルンバと犬の出会いで気をつけたこと

・ルンバと犬との出会いは、慎重に。いきなり、ルンバを箱から出してすぐに動かすと、犬たちはびっくりして得体の知れない奴がきた!ってなって、興奮してしまう可能性があるし、それで第一印象が悪くなってしまったりするので。
・最初は、何もせずにルンバをただフローリングに置いておき、犬たちにその存在を慣れさせる。
・1~2日、↑の状態で存在に慣れさせたら、今度は音に慣れさせるために、犬たちがいない部屋で扉を閉じて、ルンバを活動させる。これを2つ以上の部屋で行う。そうすると、犬たちも、ルンバの活動音に慣れてくる。
・この後、犬たちとルンバのご対面、となるわけだけど、うちは多頭飼いなので、数頭まとめて出会わせると興奮してしまう可能性もあるので、一頭ずつご対面させる。

ルンバと犬の共存生活で気をつけていること

先日のファンミーティングでルンバのサポート担当の方とも話したのだけど、ペット関連の問い合わせはやはり多いとのこと。特に購入後すぐの問い合わせが多く、水やトイレを置いたままでルンバを稼働させてしまい、ルンバがそれらを吸い取ってしまい、トラブルになる、と。

これはまさにうちがルンバの導入に二の足を踏んでいた一番の理由だったのだけど、(ルンバを行かせたくない場所に設置する)バーチャルウォールをうまく使うことで、かなり防げるトラブルだなってことがわかったし、それでも心配な場合は、ルンバを稼働させる時は、ルンバが吸い取ってしまうと問題になりそうなものは片付けておく、というのがどうしても必要になる。

ペットの水やトイレに限らず、こういう「ルンバを有効活用するための片付け」が面倒ってなるなら、ルンバは合わないかも。

うちの場合、そういう一手間をかけたとしても、ルンバがあると助かっているので、特に苦にはならないのだけど。あと、こういう片付けをする意識がつくと、より部屋がスッキリするので、いい。

で、うちの犬とルンバの共存生活のために、特に気をつけているのが…

・ペットの水とトイレは、ルンバ稼働前にどかす。
・うちの犬たちは、朝起きて、トイレタイムがあって、そのあと、二度寝、というか、しばらくじーっと寝ている時間があるので、その時間にルンバを稼働させている。
・その際、万が一にも、水や犬たちのトイレ失敗とかがあってはいけないので、かなり入念にチェックしてから稼働させる。
・うちは、犬たちを留守番させるときは、一部屋を留守番専用部屋にしているので、出かけてる間に他の部屋でルンバを稼働させることもOK。
・犬たちの毛をルンバがかなりしっかりと吸い取ってくれるので、普通よりも頻繁にダストボックスからゴミ出ししてきれいにする必要あり。(大体二、三日に一度くらいの頻度)
・犬たちがソファーの上じゃなくて、フローリングで寝てる場合でルンバとぶつかりそうな時も、無理にどかそうとはせず、犬たちがよりルンバに慣れるように、成り行きに任せる。

というわけで

犬を飼っている家、特にうちのように多頭飼いしていると、色々と考えることはあるのだけど、それでも、自分たちで毎日掃除機をかけていたのに較べると、非常に楽になったし、ルンバ中は他のこともできるし、掃除そのものも自分たちでやっていたときよりも、しっかりと出来ているし、で、とにかくいいことしかない。

あと、スマートフォンのルンバアプリ(iRobotアプリ)も使い始めているけど、これがまた便利。特に外出先からのルンバ稼働、活動履歴閲覧あたりの機能がお気に入り。ルンバアプリについては、また次のエントリーでまとめてみる予定。

See also

» iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/

» アイロボット ルンバ 980| iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/roomba/980/

» ルンバのペットラボ | iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/special/petlab/

Roomba 980 meets our dogs (1) / ルンバ980が我が家にやってきた – うちの犬たちとの出会い (1) #アイロボットモニター

PA048540.jpg

先日、【アイロボット ファンプログラム限定シークレット ファンミーティング】に参加し、ロボット掃除機ルンバの最新モデル「ルンバ980」を永久モニターさせていただくことになり、この週末に、ルンバさんがついに我が家にやってきたのだった。

» 最新最強ロボット掃除機『ルンバ980』が我が家にやってくる!
http://heydays.org/2015/10/roomba-980-in-my-home-irobot-fan.html

「ルンバ980」の発売日は10月10日。なので、発売日前からこの最新ロボット掃除機を使わせていただくことになり、本当にありがたいことです。

ルンバ980はスマートフォンのアプリから起動したり、設定したり、掃除履歴を確認したり、といったことができることになっているのも一つの特徴なのだけど、アプリをAppleのApp StoreやGoogle Storeからダウンロードできるようになるのも10月10日からなので、ひとまずルンバ980本体の起動ボタンでルンバを始動させる、と。スマートフォンアプリの使い勝手等々のレビューは、また後ほど。

そして、犬を多頭飼いしている我が家にルンバを迎えるにあたり、まず第一の関門がうちの犬たちとルンバさんがうまくやっていってくれるか、どうか、ということ。

「ルンバのペットラボ」でも紹介されている通り、とにかく最初の出会い、第一印象が大事。

» ルンバのペットラボ | iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/special/petlab/

なので、うちでも↓のような段階を踏んでみた。

・ルンバを箱から出して、しばらくリビングの真ん中にただ置いておいて、その存在に慣れさせる。
・犬たちがいるリビングとは別の部屋で、扉を閉めて、ルンバさんを始動させて、その稼働音に慣れされる。二部屋分くらいこれをやる。
・いよいよ稼働しているルンバさんと犬たちをご対面させる際は、数頭まとめて出会わせると興奮してしまう可能性もあるので、一頭ずつご対面させる

というわけで、ルンバ980とうちの犬達との初対面シーンを動画に撮ってみたので、こちらで紹介(前編)。

まず、ミニチュアシュナウザー(雄、5歳)との出会いシーンから。

ルンバさんのことをかなり意識しているのだけど、吠えたり噛みついたりすることはなく、すごく怖がっている様子。逃げ回っている。ルンバさんに対して攻撃的になるよりはいいのだけど、数日経っても、まだ怖がっていてちょっとかわいそうなので、ルンバが稼働中は椅子の上に避難させる、等の対応は必要な感じ。

次に、フレンチブルドッグ(雌、9歳)との出会いシーン。

興味は示していて、ルンバさんの動きについていったりしているのだけど、吠えたりも怖がったりもすることなく、ニュートラルな感じ。この子は、前に使っていた普通の掃除機で部屋を掃除していると掃除機のヘッドに対して、アブ!アブ!と吠えることもあって心配していたのだけど、ルンバさんとはうまくやっていけそうだ。

そして、次はイングリッシュブルドッグ(雌、8歳)との出会いのシーン。↑の動画の00:30辺りで、柵の向こう側からルンバさんに対して吠えてしまっていたので、やばいかな、と思ったのだけど…。

最初、少しだけ興味を示して、ルンバさんの後ろを追っかけていたのだけど、すぐにおもちゃのほうに気が向いてしまい、おもちゃを取り出そうとし始める。00:25辺りで、ルンバが開けていた窓のサッシに突っ込みすぎて動きを止めてしまって、「助けてー」ってなった時も、特に興味を示すわけでもなく。飼い主が拍子抜けするくらい、ルンバさんとの初対面は無事済んだのだった。

※↑で少し書いた、開いている窓のサッシに突っ込みすぎてルンバが止まってしまう問題は、できれば窓を開けて掃除したいことを考えるとなんとかしたいなあ、と。この辺りについては、また別エントリーでも触れる予定。

というわけで

残りの犬達との出会いシーンもまた次のエントリーでまとめる予定だけど、ひとまず犬達とルンバの出会いは、思いのほかスムーズで、一安心。犬それぞれの性格によるとは思うのだけど、我が家の場合は、特に問題なさそう、ということで第一関門は突破、かな。

そして、ルンバ980が届いてから毎日頑張ってもらってるけど、想像以上に出来るヤツで、感動している。部屋中、(ルンバが行けるところは)くまなく掃除していて、先のエントリーでも紹介した「iAdapt 2.0」が優秀すぎる。

これまでの「iAdapt 1.0」(壁沿いを掃除したり、狭いところに入ってしまっても出てきたり、といった技術を組み合わせて家中をくまなく掃除する)に加えて、「ビジュアルローカリゼーション」(上面に新たに搭載されたカメラで自分の場所を把握)や、「フロアトラッキングセンサー」(赤外線センサーで移動量・方向を計算、その他タイヤの回転量等も計測して移動量、位置を把握)といった機能が追加されているのが、「iAdapt 2.0」。

» 最新最強ロボット掃除機『ルンバ980』が我が家にやってくる!
http://heydays.org/2015/10/roomba-980-in-my-home-irobot-fan.html

そして、そういうインテリジェンスなところがすごいのに加えて、掃除機としての基本能力、つまり掃除性能が、これまたすごい。犬が多くて、特に毛が抜けやすいフレンチブルドッグの毛は当然もれなく掃除しているし、他の埃も余さず吸引している。

「これまでのモデルと比べて2倍のゴミ除去量」というくらいなので期待していたけど、期待を大きく上回る掃除性能。素晴らしい。

See also

» iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/

» アイロボット ルンバ 980| iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/roomba/980/

» ルンバのペットラボ | iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/special/petlab/

最新最強ロボット掃除機『ルンバ980』が我が家にやってくる! #アイロボットファンプログラム #アイロボットモニター

P9308517.jpg

犬を多頭飼いしている我が家では、毎日の掃除機がけは欠かすことができないわけで、1日でもサボると床が毛だらけになって、まあそれは大変なことになる。その毎日の掃除機がけをする時間等をなんとか軽減できないものか、と、以前から自動掃除機ロボット「ルンバ」のことは気になっていて、何度か導入しようとしたけど、二の足を踏み続けていた。

» iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/

犬たちとルンバさんがうまくやっていけるかどうか、とか、トイレとか犬用の水とかをルンバさんが間違ってぶちまけちゃうのでは、とか、もし犬が粗相していたところをルンバさんが通ってしまって、その汚れを部屋中に運んじゃうんじゃないか、とか・・・。

そういう心配をしながら、「ルンバのペットラボ」ページの犬とルンバさんのシーンの動画を見たり、ルンバさんと犬が仲良くやっていく方法を読んだりして、うまくやっていけそうな気もするけど、こればっかりは実際に試してみないと分からんしなあ、と。

» ルンバのペットラボ | iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/special/petlab/

そんな折、【アイロボット ファンプログラム限定シークレット ファンミーティング】が開催されるということで、情報を集めて、最新ルンバをタッチ&トライをしてみて、かつ↑のような犬とルンバの共同生活に関する実際の事例等も聞いてみて、ルンバを我が家に導入するかどうか決めたい!と、ものすごい前のめりで応募したところ、参加させていただくことになったのでした。

というわけで、前置きが長くなったけど、先日、ファンミーティングに参加してきたので、そのイベントの中で個人的にグッときたポイントを中心に、色々とまとめてみます。

「ルンバ980」永久モニター!

まず、何をおいても、何がグッときたって、今回何と最新最強ロボット掃除機「ルンバ980」をモニターとしてご提供いただいたことにグッときた!しかも期間なし、つまり永久モニターとして!その発表がされて、会場がざわめき拍手が起きてる中、僕も手を叩きながら、うちの犬たちとルンバさんをいかにうまく共同生活されるか、ルンバさんのおうち(ホームベース)はどこに置こうかな、とか、出会いは慎重にやらないとな第一印象が大事だし、とかがぐるぐると頭の中を回り始めていた。

この永久モニターが発表される前までのプレゼンで、ルンバ自体、そして最新のルンバ980の凄さを感じていたので、もうこれは買っちゃうね、って思っていた矢先のサプライズ。感謝感激です。ありがとうございます。がっつりモニターして、モニター記事もモリモリ書きます。

※うちの場合、主にルンバと犬の共同生活的な内容のモニター記事が多くなると思うけど。

iRobot(アイロボット)社

ルンバを開発・製造・販売しているiRobot社についてのプレゼンの中で、ぐったきたポイントをいくつかピックアップ。

P9308377.jpg

iRobot社の理念が、「CHANGE THE WORLD」 – ロボットで世界を変える。

BUILD COOL STUFF (クールなものを作って)
DELIVER GREAT PRODUCTS (グレイトなプロダクトをデリバーして)
MAKE MONEY (お金を稼いで)
HAVE FUN (楽しんで)
CHANGE THE WORLD (世界を変えよう)

ちゃんと「MAKE MONEY」して、「HAVE FUN」して、そして「CHANGE THE WORLD」しよう、というところに共感した。お金もないわ、楽しめないわ、じゃあ、世界も変わらないよね、と。

P9308379.jpg

ロボットが解決するべき問題として、iRobotの考えるロボットコンセプトとは、「3D」。「Dull」「Dirty」「Dengerous」な仕事はロボットで解決しようじゃないか、というもの。

ここ、とっても大事ことかなと思うんだけど、「Dirty」「Dengerous」な仕事はロボットにやってもらうのが安心だし、「Dull」な仕事は時間もかかったりするので、そういう仕事はロボットにやってもらって、その分自分たちの時間を有効活用する、というのは良いコンセプトだと思う。

うちもルンバさんが掃除してくれたら、かなーり楽になるし、これまで掃除に取られていた時間も他のことに使えるし、でいいことばかり。

P9308380.jpg

そんなiRobot社が開発しているのは、家庭用と政府・産業向けロボット。

ロボット掃除機ルンバや、床拭きロボットブラーバ等の家庭用ロボットのことは知っていたけど、水中探査や地雷探査ロボットのような、政府・産業向けロボットについてはあまり知らなかった。

P9308388.jpg

地球外探索を目的としてGengis(ゲンギス)。

P9308391.jpg

多目的作業ロボット「510 PackBot」。人命救助、爆弾処理等を行う。911米同時多発テロの瓦礫内探査活動や福島原発での作業、爆弾犯捜査等でも使われた。人間だけでは、どうしようもない場所や状況等を解決してくれるロボット。まさに、世界を救う、変える仕事をしてくれている。

P9308393.jpg

ボームロボットも、床掃除や床拭き以外にも、いろいろと。iRobot社のホームロボットは、世界で1400万台売れているとのこと。

ルンバをリリースした最初の年は、あまり売れ行きが良くなかったのだけど、そんなルンバを一躍有名にしたのが、アメリカで放映されたペプシ社のCM。このCMにルンバが登場し、その年に一気に100万台売れたらしい。

ルンバ980

» アイロボット ルンバ 980| iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/roomba/980/

そして、最新のロボット掃除機「ルンバ980」の紹介プレゼン。

P9308414.jpg

ロボット掃除機 = ロボット x 掃除機。ゴミのあるところに必ず行くロボット技術、十分な吸引力を持った掃除機の性能を組み合わせたのが、ロボット掃除機ルンバ。

最新のモデル「ルンバ980」では、ロボット技術、掃除機性能、ともにパワーアップしていて、技術的には非常に多くの高機能が組み込まれているのに、使い方はいたってシンプル。しかも、スマホに対応して、外出先でもOn/Offできたり、掃除時間履歴を見れたり、と、とても便利になっている。

ルンバ980のポイントは、「SMART」「CLEAN」「SIMPLE」の三つ。

Smart – 家中のフロアをキレイに

ルンバ980には「iAdapt 2.0」が搭載されている。

P9308426.jpg

これは、これまでの「iAdapt 1.0」(壁沿いを掃除したり、狭いところに入ってしまっても出てきたり、といった技術を組み合わせて家中をくまなく掃除する)に加えて、「ビジュアルローカリゼーション」(上面に新たに搭載されたカメラで自分の場所を把握)や、「フロアトラッキングセンサー」(赤外線センサーで移動量・方向を計算、その他タイヤの回転量等も計測して移動量、位置を把握)といった機能が追加されているのが、「iAdapt 2.0」。

P9308440.jpg

その「iAdapt 2.0」によって、ルンバ980は掃除しながら家のマップを作成し、家中のフロアを確実にキレイにすることができる。連続稼働時間(約2時間)を超える場合は、自動充電して再開することもできる。

ルンバ980がマップを記憶しながら走行するイメージとして、以下の動画が紹介された。

こうやって、家具の配置も含めた、家中のマップを記憶しながら掃除するので、無駄がなく、かつ確実に掃除をするのがルンバ980。記憶したマップは、家具の位置等は都度変わる可能性があるので、毎回リセットされる、とのこと。

Clean – 2倍のゴミ除去量

P9308449.jpg

ルンバ980では、これまでのモデルと比べて2倍のゴミ除去量となっていて、それを実現しているのが、↑のスライドで紹介されている機能。

吸い込めるゴミの重量が2倍、吸引風力が10倍、と掃除機としての基本性能がアップしていて、さらにカーペットを検知してブーストしたり、汚れがひどいところを繰り返し掃除したりすることで、全体的なゴミ除去量がこれまでの倍になっている。

これはもう、犬多頭飼いの我が家では、除去量が多ければ多いほど良いので、期待がすごい高まる。使ってみるのが楽しみだ。

Simple – スマホでCLEANボタンを押すだけ

P9308453.jpg

ルンバ980は、スマホ(iOS、Android)のアプリから起動可能になった。起動だけでなく、スケジュール機能や清掃モード設定、清掃履歴閲覧等も可能。

特に清掃履歴が見れるのが便利かな、と。外出先からもルンバに接続できるようなので、ちゃんと掃除できているかどうかも外出先から確認できたり。これもなかなか便利そうだ。

ルンバを120%使うためのTips

そして、これまでの実際のサポート事例から、ルンバを使うためのTipsを紹介してもらいました。これから永久モニターとしてルンバユーザーになるので、とても参考になった。

特に「なぜかルンバがホームベースに帰らないことがある」事例は、自宅のどこにホームベースを置くかを検討するのに非常に役立った。

P9308478.jpg

P9308479.jpg

確実にルンバをホームベースに帰すには「ホームベースの前方に幅1.5m、奥行き2mの空間が必要」になるのだけど、うちではちょうどいい場所がないかも、と思って、このあとのタッチ&トライ中に、壁際に置いても大丈夫なものか聞いたところ、幅はそれでも大丈夫、奥行きはあったほうがベター、とのことだったので、いい場所が見つかりそうだ。

それと、いつまでも元気なルンバでいてもらうために、定期的なメンテナンス(ルンバ自体に埃がたまる部位の掃除)をちゃんとしてあげたほうがいい、とアドバイスいただいた。うちは特に、犬の毛を大量に掃除してもらう必要があるので、ルンバさんをきちんと定期的にメンテナンスして、長くつきあったいきたいと思っております。

P9308493.jpg

最後に、「ルンバを活用して、家族の時間を増やしましょう」と締めくくられていて、うん、まさにそこだよね、と深く頷いたのだった。

まとめ

というわけで、【アイロボット ファンプログラム限定シークレット ファンミーティング】の参加レポートでした。

今回、永久モニターとして、最新ロボット掃除機「ルンバ980」を使わせていただくことになったので、犬達とルンバの出会いを記録するのはもちろん、犬達とルンバの共同生活は果たしてうまくいくのか、ルンバ980がどのくらい活躍するのか、多頭飼いの家でのルンバの運用方法や気をつけること、等々、色々とモニターしていきたいと思っております。

See also

» iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/

» アイロボット ルンバ 980| iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/roomba/980/

» ルンバのペットラボ | iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
http://www.irobot-jp.com/special/petlab/

タッチ&トライ

最後に、タッチ&トライの様子など。

P9308523.jpg
P9308510.jpg

P9308500.jpg

P9308519.jpg

P9308520.jpg

P9308521.jpg

P9308522.jpg