Category Archives: Camera

シカゴ・オヘア国際空港のレンタカーカウンターへは、シャトルバスに乗る

GR003928.jpg

アメリカ出張の際は、車がないと厳しいので、いつもレンタカーしている。

これまでは、サンフランシスコ方面への出張が多くて、サンフランシスコ国際空港(SFO)でのレンタカーピックアップ方法(空港敷地内モノレールでレンタカーのカウンターがある駅で降りる)に慣れていて、なんとなくシカゴ・オヘア国際空港(ORD)でも同じような感じかなー、もし違くても着けば何とかなるべ、と、特に下調べもせずに行ったのだけど、ちょっと迷った、という話。

ORDに到着後、レンタカーカウンターを探し始めて、とりあえず、SFOのようにモノレール等で移動するのではないな、というのは分かったのだけど、じゃあレンタカーカウンターがどこにあるのか、というのが分からず。到着ロビーにそれらしきサインもなかったので、ツアリストカウンターみたいなのがあったので、そこで聞いてみた。 GR003924.jpg

で、レンタカーカウンターへは、モノレールや徒歩等ではなく、空港の外に出ると、レンタカー会社ごとのシャトルバスが定期的に走っているので、そいつに乗れ、とのこと。 言われた通り、空港の外に出て少し待っていたら、シャトルバスがやってきた。 GR003925.jpg

GR003926.jpg

GR003930.jpg

こいつに乗って、レンタカーカウンターに行き、あとはピックアップの手続きをして、借りる車が置いてあるパーキング番号を教えてもらい、駐車場を出るときに、レンタル書類をもらえばOK。 毎回そうなんだけど、アメリカでレンタカーすると左ハンドルで走行車線も日本とは逆になるので、逆走しないように気を張っていると、一回目に曲がるときにウインカーを出そうとしてワイパーが動く、っていうね。 GR004010.jpg

そんなわけで、無事レンタカーして、到着したその日(日曜日の午後)はまっすぐホテルに向かって、チェックイン後、近くのヌードルショップでなんかアジアンな麺を食べて、スーパーに寄って、滞在中にホテルで飲む水をガロンで、ビールをダースで買って、少しだけ仕事して、さっさと寝たのだった。 GR003941.jpg

GR003942.jpg

GR003938.jpg

GR003943.jpg

See also

» シカゴ滞在記2016
http://heydays.org/2016/06/chicago-illinois-stay-2016.html

シカゴ滞在記2016をアップしていくよ

DP2Q4163.jpg

今月(2016年6月)上旬に、一週間ほど、出張でアメリカのイリノイ州、シカゴ界隈に行ってきた。

シカゴ滞在記2016
» シカゴ・オヘア国際空港のレンタカーカウンターへは、シャトルバスに乗る
» シカゴのMillennium ParkにあるCloud Gate(別名: The Bean)の中からTHETA Sで天球写真を撮ってみた

これまでもアメリカに出張に行ったことは何度もあるのだけど、大体西海岸、というかカリフォルニア(サンフランシスコ、サンノゼ、ロサンゼルス、辺り)で、他の州に行ったことはほとんどなかった。

GR004252.jpg

かなり急に決まった出張で(出発日の2日前に決定した)、フライトやホテル、レンタカー手配でちょっとバタバタしたり、出張中の仕事も結構忙しくて、平日はほぼ丸一日仕事だった。

が、帰国が日曜のフライトで、土曜日丸一日シカゴのダウンタウン界隈を写真をモリモリ撮りながら散策することができたので、そのシカゴ写真散策で撮った写真を中心に、滞在記というか散策記的なものをアップしていこうかなと思う。備忘録も兼ねてね。

GR004273.jpg

持っていったカメラは、SIGMA dp2 Quattroと、RICOH GR。散策や散歩中の写真は、標準画角(dp2 Quattro)か広角(GR)で撮るのが僕は好きなので、この2台で十分楽しめた。

DP2Q3982.jpg

あと、360度撮れるRICOH THETA Sも持っていったけど、いやあ、ほんとTHETA Sはいいね。散策中、信号待ちしながら撮ったり、観光地的な場所を訪れた時にも撮ったり、散策記録としても最高。シカゴのダウンタウンにある、Willis TowerのSkydeckで、ビルから出っ張っていて透明な床の撮影スペースで撮った一枚も、お気に入り。

Willis Tower Skydeck #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

とういわけで、シカゴ(イリノイ州)滞在記・散策記をちょっとずつアップしていくぞ、と。アップしたエントリーへのリンクはこのエントリーの冒頭に追加していく予定。

やんちゃで、よく寝る、うめ

20071104-DSC_6969.jpg

イングリッシュブルドッグの「うめ」が、うちに来たばかりの頃の写真。

かなーりやんちゃで、こうやって僕の靴にまで、イタズラしようとしていたのものだ。

そんな「うめゴン」も、今年の7月でもう9歳。顔の毛が白くなってきたり、歳を取ったなあ、と感じることもあるけど、まだまだ元気でやんちゃである。

そして、よく寝る。

P2229361.jpg

本当に、よく寝る。

P2189345.jpg

帽子そな

P3129582.jpg

今年に入ってから、というか、昨年の下半期辺りから、ブログの更新回数がぐっと減っていたのだけど、何というか、「ちゃんと書かなきゃ」みたいな意識が強くなっちゃってたのかもしれない。

このブログは、ふと気づけば、もうかれこれ11年近く続いている。そして、たまに昔のエントリーを見返してその当時のことを思い出したりしている。

まあ、そういうのも楽しいものなので、これからも日記的な内容のエントリーもサクッと書いていこうと思う。

というわけで。

多頭飼いである我が家で、このブログでもちょいちょい登場する「そな」に帽子をかぶせるとかわいいなあ、という、飼い主バカな写真エントリーなど。いやね、本当かわいいのだよ。

P3129570.jpg

P3129585.jpg

なんか目がギョロってなってるから、本人(本犬)はあんまり好きじゃないのかも。ムムム。

P3129499.jpg

↑はバンダナ、というかほっかむり。

この日は、お台場のDOG DEPTで夕飯を食べて帰ったのだった。犬を連れて入店&食事できて、そして、うまい。いいね。

P3129521.jpg

散歩は楽しい

GR002786.jpg

散歩は楽しいよね。

GR002750.jpg
ここ最近、仕事で出かけることも多くて、帰りが遅いこともしょっちゅうな感じだけど、遅くなっても犬の散歩はなるべく行くようにしている。

GR002749.jpg

散歩に連れて行ってあげなきゃ、というよりも、忙しくてバタバタした日こそ、散歩に行きたい、って思ったりする。

GR002728.jpg

散歩には、デメリットがない、よね。気晴らしにもなるし、運動にもなる。あと、Podcast消化にも。

GR002695.jpg

今週は冷え込んでいるので、散歩も確かに寒いは寒いのだけど、暑いよりも寒い方が犬たちは歩ける = より長距離・長時間歩ける、というのはいいことだ。

GR002687.jpg

散歩行く時は、大抵はRICOH GRを持っていて、写真を撮るのを楽しみながら歩いている。それがまた楽しいんだ。

国立にある、都内最古の喫茶店と言われる『ロージナ茶房』のザイカレーが、量、味ともに大満足だった

スターウォーズ鑑賞会をしようっことで、国立に住んでいる友達宅に遊びに行った際に、「ロージナ茶房」でランチを食べてきた。

ロージナ茶房 (ロージナサボウ) – 国立/喫茶店 [食べログ]
http://tabelog.com/tokyo/A1325/A132503/13016337/

1954年創業ということで、「都内最古の喫茶店」とも言われている『ロージナ茶房』。雰囲気は、ザ・喫茶店という感じで、昔ながらの喫茶店という佇まい。二階が禁煙席になっているようで、二階に案内してもらったんだけど、なんとも懐かしい雰囲気。僕らが案内された席は、椅子やテーブルも少しガタガタしていて、年季というか歴史を感じる。

さて、今回はランチで行ったので、コーヒーは飲まずに食事だけ楽しんできた。

オーダーしたのは、「ロージナ茶房」の名物メニュー「ザイカレー」とアボガドグラタン、グリーンサラダ。どれもボリュームたっぷり。

GR002815.jpg

友人夫妻も同じくザイカレーとアボガドグラタンをオーダーして、グリーンサラダは4人でシェア。4人でシェアしても、十分な量。

GR002810.jpg

アボカドグラタン、ゴロゴロとアボカドがたっぷり入っていて、こちらもなかなかのボリューム。味はさっぱりめ、かな。アクセントにタバスコをかけて食べてもいいかな、と思うけど、今回は一緒に頼んだザイカレーのパンチが効いていたので、タバスコはかけず。

GR002813.jpg

そして、こちらがザイカレー。まず、ライスの量に驚く。普通のカレー屋さんの特盛りぐらいの量はあると思う。

GR002812.jpg

しっかりと煮込まれた牛肉がふんだんに入っていて、かなりしっかりとした味。酸味も効いていて、結構辛い。といっても、激辛、というほどではなくて、なんというか味わえる辛さ。食べ始めると止まらなくなる。これは癖になる味だ。

というわけで、ロージナ茶房ランチ、楽しんだ。昼前に入ったので、まだそこまで混んでなかったのだけど、12時近くになると、家族連れもたくさん来店して、ほぼ満席になっていた。他の席ではナポリタンも食べていて、これもまたすごい量。ザイカレーもカレーを含めた他のメニューも、腹の減り具合によっては二人で取り分けて食べても大丈夫かも。

ザイカレー、また食べたい。

謹賀新年2016

DP2Q3732.jpg

SIGMA dp2 Quattro, F7.1, 1/320s, ISO:100

あけましておめでとうございます。

元日に、ベランダから撮った、ピント合わずの夕焼け。

今年もまた、ピントが合わなくても、気にせず、色々と楽しんでいこうかな、と思っております。

よろしくお願いします。

masaru

我が家の犬たち、今年の一枚 – 2015年版

さて、今日は大晦日。ということで、今年撮った我が家の犬たちの写真のなかから、今年の一枚を選んでみた。

いやほんと、飼い主バカと言われることを承知で言うと、どの写真もかわいくて、面白くて、個性があって、なかなか、この1枚!ってのが選ぶのが難しいんだけど、今年撮った写真をざっと眺めて、直感で数枚ずつ選んで、そのなかから、さらに一枚に絞ってみた。

ばばちゃん

P3272537.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F7.1, 1/640s, ISO:200, +0.7EV

ふく

P3272501.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F2.8, 1/1250s, ISO:200

うめ

GR001486.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/160s, ISO:100

ぷー

P6177512.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F2.8, 1/80s, ISO:800, +0.3EV

そな

GR000302.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/60s, ISO:1600, +0.7EV

かい

GR000352.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/60s, ISO:200

義姉家の犬たちも、ゲスト出演してもらおうかな。

アポロ

PB018723.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F2.8, 1/80s, ISO:800, +1.0EV

チロル

PB018730.jpg

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F2.8, 1/80s, ISO:1600, +1.0EV

来年もまた、みんな元気に。

GR001126.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/60s, ISO:250

ラーメン二郎 ビフォーアフター 2015

年に一度のラーメン二郎。

■これまでのラーメン二郎ビフォーアフター
» ラーメン二郎 ビフォーアフター 2011
» ラーメン二郎 ビフォーアフター 2012
» ラーメン二郎 ビフォーアフター 2013
» ラーメン二郎 ビフォーアフター 2014

11月最初の週に、実は食べてた、年に一度のラーメン二郎。

今年もビフォーアフターショット

▼ビフォー。トッピングは、野菜。

Untitled

▼アフター。(ほぼ)完食!

Untitled

というわけで

ラーメン二郎を食べるのは今回で7回目(ビフォーアフターエントリーは今回で5回目)。いつも言ってるけど、食べると、向こう一年くらいは食べる気がなくなるので、年に一回の二郎。

今年も、食べた後、ちゃんと、腹が痛くなった。去年はニンニクをトッピングしてしまって、翌日まで家族に迷惑をかけてしまったので、今年はニンニクなしにした、というのに、やっぱり腹は痛くなる。やっぱり、二郎は年に一回でいいと思う。

では、また来年。

GR002318.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/60s, ISO:140, Effect: High-contrast B&W

とにかく眠たいうめゴン #ricohgr

GR002024.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/80s, ISO:100

旅行中も、とにかく眠たいうめゴン。

GR001740.jpg

RICOH GR, F2.8, 1/125s, ISO:100

ただ、こうやって寝ているだけじゃなくて、他のワンコいたりすると、すごい勢いで動き出して、吠え続けたりするので、こいつの存在感はすごいのであった。