Category Archives: Apple

ソフトバンクのアメリカ放題が便利だ

今週、久々(約2年ぶり)にベイエリアに出張に来ている。

IMG_2571

海外出張中、モバイルデータ通信をどうするかというのがいつも悩ましいのだけど、いまの会社に転職する際にソフトバンクに乗り換えていて、ソフトバンクが買収したアメリカの通信事業者Sprintのネットワークに無料で繋がるアメリカ放題の対応端末(iPhone 6s)も持っているので、今回の出張では海外パケットし放題で1日2,000 ~ 3,000円近く払うこともなく、現地でプリペイドSIMを買ったりする必要もなくて、とても便利で快適である。

image

Sprintのネットワークは、4Gに繋がれば充分な通信速度。3Gだと遅かったり、特にインドアだと繋がらないこともあるのだけど、概ね快適。何より、海外で追加料金なしで普通に使えてるのが、ストレスフリー。

image

アメリカ放題でSprintネットワークに繋ぐには特別な設定をする必要はないのも便利。気にしないといけない設定は、通信キャリア設定をAUTOにしておくことと、モバイルデータ通信設定で、データローミングをOFFにしておくことだけ。データローミングをONにしていると、他の通信事業者に繋がった際にローミングされて、海外パケットし放題対象になってしまう。

» iPhone の設定方法 | 国際サービス | サービス | モバイル | ソフトバンク

というわけで、モバイルデータ通信の心配はしなくていいのはいいことなのだけど、週末も関係なく、ほとんど缶詰め状態で仕事しているので、出かける時間もあまり取れないのが、ちと残念。まあ、仕方ない。

と言いつつ、今日サタデーナイトのディナーでサンフランシスコにちょっと出かけて、少しだけだけど、楽しめた。いいことだ。

image

『Apple Special Event 2015 September』での一番のサプライズはPerfume。iPhone 6sとApple TVは買う。

GR001008.jpg

さて、先日のApple Special Eventでは、iPhone 6s/6s Plus, Apple TV, iPad Pro等々、大体予想されていた製品の発表があった。

» Apple Events – Special Event September 2015 – Apple
http://www.apple.com/apple-events/september-2015/

Perfume

発表された製品のそれぞれの感想なり買うかどうかとかをさくっとまとめてみようかなと思いつつ、まずは何はともあれ我らがPerfumeがiPhone 6s/6s PlusのTV ADにいきなり登場してきたのにびっくりした、という話。Perfumeファンとして、朝方から興奮してしまった。

(0:25、0:42辺りにPerfumeが!)

ADの中で、Perfumeが今回追加された新色ローズゴールドでselfieを撮っていて、それをみて、単純にローズゴールドが欲しくなってしまったんだけど、一回落ち着いて、やっぱりスペースグレイかな、ってところで落ち着いた。

iPhone 6s / 6s Plus

というわけで、イベントで発表された順番通りではないけど、今回発表された新製品について、一言二言書いていこうかな、と。

まずは、iPhone 6s / 6s Plus。

iPhone 6s – Apple
http://www.apple.com/iphone-6s/

The only thing that’s changed is everything.

iPhone 6s Space Grayを買う予定。というか、もう今日9/12 16:01からの予約注文で申し込み済み。容量は、64GB。

昨年はiPhone 6 Plus(Space Gray、128GB)をあまり迷わずに買ったけど、しばらく使ってみて、6 Plusのサイズは普段常に持ち歩く用のスマートフォンとしては僕の使い方では大きすぎたってことで結論づいた。6sのサイズもまだちょっと大きくて、5sのサイズが一番手になじむのだけど、残念ながら今回そのサイズの6シリーズは発表されなかったので、6sにすることに。

今回発表された6sシリーズは、順当なハードウェア的なスペックアップに加えて、『3D Touch』という、通常のタッチ以外に「二段階の強さで画面を押し込める」ことで新たなインターフェース・使い勝手が実現されるというもの。Keynote中のデモやAppleのサイトで紹介されているけど、個人的には慣れれば使い勝手がさらに良くなるかな、と期待している。

» iPhone 6s – 3D Touch – Apple
http://www.apple.com/iphone-6s/3d-touch/

ただ、この『3D Touch』は保護ガラス等をつけていてもスムーズに動くのかどうか、気になるところ。(保護ガラスやシートは付ける予定はないのだけどね)

もともとiPhoneのカメラはすごく良く撮れるけど、今回の6sでは、12Mピクセル、4K動画撮影、と順当にグレードアップしているのは何だかんだでやっぱり嬉しいところ。4K動画を撮るのも楽しみだ。撮影したファイルの容量がやたら大きくなるだろうし、撮影中の発熱とかは大丈夫かな、とか色々と考えるところはあるにはあるけども。

あと、撮影した前後少しだけの時間を記録するLive Photo機能も面白そうだ。これ、どういう仕組みで画像が保存されるのかな。多分一つの写真で静止画とLive Photo用の数秒の動画がそれぞれ保存されることになるのかな、と想像してはいる。

そんなわけで、今回の6sはスキップして、来年の7を買おうかな、なんてちょっと考えていたけど、やっぱり発表をみたあとだと買わずにはいられないなあ。

もうね、こうやって結局毎年買ってしまうわけだから、月額を支払うことで毎年新しいiPhoneを入手できる「iPhone Upgrade Program」が日本でも早く始まってくれたらいいと思う、うん。(このプログラムはまずはUSでのみ開始)

» iPhone Upgrade Program – Apple
http://www.apple.com/shop/iphone/iphone-upgrade-program

iPad Pro / Smart Keyboard / Apple Pencil

以前から噂されていた、iPad Proも発表された。

iPad Pro – Apple
http://www.apple.com/ipad-pro/

Thin. Light. Epic.

画面サイズ12.9インチ、なので、ほぼ13インチ。まだ実物を見ていないからなんとも言えないけど、かなり迫力のある大きさだと思う。

いま、主に仕事用で12インチのMacBook(Retina, Early 2015)を使っていることもあり、iPad Proを買う予定はなし。同時に発表されたiPad Pro用のキーボードと鉛筆も気にはなるけども。

» iPad Pro – Smart Keyboard – Apple
http://www.apple.com/smart-keyboard/

The only thing we didn’t reinvent was the alphabet.

» iPad Pro – Apple Pencil – Apple
http://www.apple.com/apple-pencil/

Completely familiar.
Entirely revolutionary.

この大画面のiPad Proは一般向けというよりも、クリエイティブ系だったり、医療系だったり、店舗系(POSレジ等)だったり、そういう方面に人気が出そう。iOSで動いている以上、MacBook等の代わりにメインで使うということはまだ難しいかな、と。

うちにはiPad 2がまだあるけど、音楽を聴くようくらいでしかつかっていない。iPad mini 2は、実家の両親用にあげたので、いま主に使ってるタブレットはNexus 7(2015)。Nexus 7に特に不満はないのだけど、やっぱりiOSのタブレットが欲しいな、ってことで、iPad Air 2か、今回さらっと発表されたiPad mini 4あたりを狙っている。

Apple TV

Apple TVの新モデルも数年ぶりに発表された。

Apple TV – Apple
http://www.apple.com/tv/

The future of television.

Apple TVはうちでは結構使っているので、これは買うかな。

Siriで検索したり、コントロールしたり、というのが、日本語でどこまでできるのか、楽しみなところ。

Keynoteのデモの中で、ドラマを観ている途中である女優のセリフが聞き取れなかったっていうシーンを想定して、「What did she say?」ってSiriに聞いて、そのセリフの部分まで戻って再生する、というのをやっていたけど、こういうコントロール系が音声でスムーズにできるようになると、大分便利になるな、と。

Siriでの検索も直感的、というか、実際の会話的にできるようになるようだ。

あとは、アプリに対応することで、今後ゲーム等のアプリもかなり増えてくると思うので、タッチパネルとSiriボタンを搭載した新しいRemoteで色々と新しいゲームを楽しめそう。

Apple Watch関連

Pebble Timeに乗り換えてから、Apple Watchは寝かしっぱなしで、今のところPebbleからApple Watchに戻る予定はないので、特にこれといったコメントはないかなあ。

» 『it’s time』 – Pebble Timeがやってきた
http://heydays.org/2015/06/pebble-time.html

今回のイベントでは各モデルのケースの新色や、新しいベルトが発表されて、さらにラインナップが充実している。世に出ているスマートウォッチの中でここまで色々なスタイルを選べるものはないので、アドバンテージにはなると思うし、Apple Watch自体も実際に使ってみていい製品だと思っているので、(自分のウォッチは寝かせつつ)今後もウォッチしていきたい。

まとめ

・iPhone 6s → 買う(Space Gray / 64GBを予約済み)。
・iPad Pro → 買わない。
・iPad mini 4 → 検討中。iPad Air 2かどちらかが欲しいかな。
・Apple TV → 買う。
・Apple Watchは、引き続き、寝かせる。

1 month with Apple Watch (3) – アクティビティレコーダーとして、とてもよく出来ていると思う

P4244357.jpg

Apple Watchをつけ始めて一ヶ月経って感じたことエントリー、続き。

1 month with Apple Watch
» (1) 時計としての使用感
» (2) つけ心地
» (3) アクティビティレコーダーとして、とてもよく出来ていると思う ← 今回のエントリー

Apple Watchは健康やフィットネスをかなり意識して作りこまれてる、というのは分かっていたけど、一ヶ月強近く使ってきて思っていた以上に、よく出来ているなあと感じている。

» Apple – Apple Watch – Health and Fitness
https://www.apple.com/watch/health-and-fitness/

健康、フィットネス関連アプリとして、Apple Watchに入ってるアプリは「Activity」と「Workout」の2つ。

Workoutのほうは、いわゆるウォーキングやジョギング等の運動記録アプリで、脈拍を測りながらワークアウト記録できる、というところはあるにしても、Apple Watch自体にはGPSが搭載されていないので、正確な距離を測るためには結局iPhoneも一緒に持って走る/歩くことになるので、個人的にはWorkoutアプリはそこまで「これはすごい」と思う部分は今のところないかな、という感じ。

▼Workoutアプリを使って、Outdoor Walkしたときのスクリーンショット。運動が終わった後のサマリーがいいね。

IMG 2774 IMG 2773 IMG 2772
IMG 2778 IMG 2779 IMG 2780

【参考情報】
iPhoneを持たずに、Apple WatchのみでWorkoutすることもできて、より正確な距離を計測するために「調整プロセス」という学習機能がApple Watchには搭載されている。こちらの詳細は、携帯総合研究所さんの以下のエントリーが詳しいです。

» 「調整プロセス」という学習機能 – 携帯総合研究所
http://mobilelaby.com/blog-entry-apple-watch-running-workout-three-thing-you-should-now.html

というわけで、アクティビティレコーダーとしてのApple Watchが本当によく出来ているなあ、と思うのは「Activity」アプリのほう。

IMG 0494 IMG 0497 IMG 0498 IMG 0499

STAND / MOVE / EXERCISEの三つの円を毎日完成させよう、という分かりやすいインターフェースになっていて、やる気が出る。

MOVEはカロリー消費量なので、激しい運動かどうかに関係なく、動けばカウントされる。目標値は、毎週頭にその前の週の結果がレビューされるのだけど、その結果から、今週の目標値を調整することができる。このあたりの結果レビューや、進捗アップデートも程よいタイミングで(通知設定していれば)、Apple Watchがトントンしてくれる。モチベーションを保つ工夫が色々とされているなあ、と。

IMG 3057 IMG 3059

それなりに激しく動いたときにカウントが上がるEXERCISEは、一日30分がゴールで、これを達成するのは意外と難しい。最近はフットサルを結構な頻度でやっているのだけど、フットサルで1時間動いたとしても、フットサル中に時計をつけるわけにはいかないので、達成できない、というのが何だかもどかしかったりはする。

そして、STAND。これは、座りっぱなしは良くないから、一時間に一回は一分くらい立って動きましょう、ということを促すアプリケーション。デスクワークしてると、どうしても座りっぱなしになってしまうので、こうやってトントンと促されると息抜きにもなるし、実際座りっぱなしは腰痛にも悪いだろうから、このアプリの効果は意外と大きいのでは、と思う。

個人的には、時計機能よりも、こういう健康、運動関連の機能がApple Watchを買ってよかったと思わせてくれる。

さて、そろそろ立たないと、だな。

1 month with Apple Watch
» (1) 時計としての使用感
» (2) つけ心地
» (3) アクティビティレコーダーとして、とてもよく出来ていると思う ← 今回のエントリー

1 month with Apple Watch (2) – つけ心地

P4244344.jpg

Apple Watchをつけ始めて一ヶ月経って感じたことエントリー、続き。

1 month with Apple Watch
» (1) 時計としての使用感
» (2) つけ心地 ← 今回のエントリー
» (3) アクティビティレコーダーとして、とてもよく出来ていると思う

僕が買ったモデルは、一番安い「Apple Watch Sport 38mm」。モデルと色は即決していたのだけど、サイズは予約する直前まで少し迷いつつ、ランニング等の運動するときにもつけることを考えるとより小さいほうがいいかな、というのと、予算的な兼ね合いから、小さいほうの38mmにした。

つけ心地は、すこぶる良好。38mmはどちらというと女性用、という位置づけかとは思うのだけど、個人的にはちょうどいいサイズ感。これをつけて、ウォーキング(犬の散歩)やランニングをするのにも、軽いしかさばらないし、良い。

そして、このSport bandのつけ心地がまた素晴らしい。その名前からも、スポーツをするときにつけることを考慮していると思うけど、本当に快適なつけ具合。そして、装着も簡単。このエントリーの冒頭にある写真にあるような手順・方法でつける。これまでの腕時計にはないような装着の仕方なので、最初の数回は迷ったけど、慣れてしまうととても簡単。

というわけで、Apple Watch Sport 38mmのつけ心地は、とても気に入っている。前回のエントリーで書いたような、不満はあるにはあるけど、こういうつけ心地の良さや、そして、次のエントリー以降で書こうと思っている、ActivityやWorkout等、Apple Watch(スマートウォッチ)ならではのアプリの使い勝手もすごくいいので、Apple Watchは手放せないデバイスとなっているのだった。

1 month with Apple Watch
» (1) 時計としての使用感
» (2) つけ心地 ← 今回のエントリー
» (3) アクティビティレコーダーとして、とてもよく出来ていると思う

1 month with Apple Watch (1) – 時計としての使用感

P4244346.jpg

Apple Watchを発売日から使い始めて一ヶ月が経ち、毎日つけてきたなかで感じたことを書いてみる。

※それぞれのトピックで結構書くことがありそうなので、何回かのエントリーに分けることにした。

色々と感じたことはあるけど、何はともあれ、スマートウォッチとしての総合的な使い勝手としては満足していて、これからのさらなる進化や改善を期待しながら、使い続けていこうと思っている。

というわけで、まずは、時計としての使用感から。

そもそも時計なので、普通に時計として使えることが当たり前、でなければならないのだけど、個人的には腕時計としてのApple Watchに100%満足しているか、というとそうとは言えないのが正直なところ。

バッテリー対策として普段は画面(文字盤)が消えていて、腕時計を見る動作、つまり画面を自分の顔に向ける(手首をくいっとひねる)と画面が表示される仕組みで、それ自体はよく出来ているなと思うのだけど、やっぱり時計の文字盤は常に表示されているほうがいい。

手首をひねって時計の画面が表示されるまでに、ほんの少しだけタイムラグがあって、これが気になりつつ、使い続ければ慣れていくだろうなと思っていたのだけど、なかなか慣れない。

それと、例えば電車でApple Watchをつけてるほうの腕で吊り革を掴んでいて、時間を確認したいときに、画面は視界に余裕で入っているのに画面が消えているので、手首をひねるか、画面をタップしないと時間が確認できない、というのが、面倒くさかったり。同じようなことが、PCを使っているときにも起きる。腕時計をしていると、PCのタスクバー等に時間が表示されていても、時間を確認したいときに、つい腕時計を見てしまうのだけど、そういうときもApple Watchは画面が消えているので、おっと、ってなって、結局PCの画面で時間を確認したり。

Apple Watchが発表されてから、それまでは腕時計をつけてなかったのだけど、腕時計をつけることに慣れるためにG-SHOCKの一番安いモデル(いわゆるSPEEDモデル)を数ヶ月つけていたことで、腕時計をつけることには慣れた。が、常に文字盤が表示されていることにも慣れてしまっていたので、↑で書いたような部分がどうしても気になってしまう。

そういう部分が気になるならApple Watchは合わないんじゃないか、ということも言えるとは思うけど、時計以外の機能、通知や、天気、カレンダー、タイマー等のアプリは便利だし、そして特にアクティビティー関連がかなり気に入ってるので、Apple Watchを使わない、ということにはならない。ただ、腕時計をしていて、時間を確認するということに気になる部分があるのは、まあ困るので、そこは今後改善を期待したいところ。ベストなのは、常に画面表示していてもバッテリーが充分(最低でも今と同じくらい)持つようになることだけど、そこまでいくにはまだ数年はかかってもおかしくないだろうから、気長に待ちたいと思う。

1 month with Apple Watch
» (1) 時計としての使用感 ← 今回のエントリー
» (2) つけ心地
» (3) アクティビティレコーダーとして、とてもよく出来ていると思う

Apple Watchを発売日に買って、それから4日間つけているけど

自分以外でApple Watchをつけている人に、まだ遭遇していない。Apple Watchを買った友達や知人はいるけど、そういう自分の周りの人達以外では遭遇していない、という意味でね。

P4244354.jpg

インターネットのニュースやらレビューを見ていると、Apple Watchが初期出荷から結構売れているような印象を持つけど、僕の生活圏内ではそうでもないのかしら。ガジェット好きの友達で集まれば、むしろ持っている人の方が多いかもしれないけど。

それだけ。

See also

» Apple – Apple Watch
http://www.apple.com/jp/watch/
» Apple Watchがやってきた | hey hey heydays*
http://heydays.org/2015/04/apple-watch-on-my-wrist.html

Apple Watchがやってきた

image

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F2.8, 1/30s, ISO:1600, +0.7EV

予約注文していたApple Watchが、予定通り今日届いた。

早速、数時間ほど使っているけど、何はともあれ、普通に時計として使えている。当たり前だけど。Notificationは便利。今のところ、最低限のアプリ(Messages、Mail、Calendar、LINE、Facebook Messanger)しか通知しないようにしていて、音も出ないようにはしているのだけど、Tapticエンジンで、トントンと手首を軽く突かれるような感じで通知されるのがなかなか良い。この辺りの使い心地は、もうしばらく使ってみてから、また詳しく感想を書いてみるつもり。

今回、サイズは小さい方(38mm)を選んだ。個人的には、こっちのサイズがフィットしているかなと思っているのだけど、発売前にアップルストアで触ったデモ機は大きい方(42mm)だったので、小さい方での操作感や文字のサイズ等は確認できていなかった。そこは少し心配だったのだけど、今のところ、特に問題はないかな。

開封の儀、的な写真も撮っていたので、そういうエントリーとかは、またあとで書こうかな。使い勝手については、バッテリーの持ちなんかも含めて、数日使ってみないと何とも言えないところもあるので、それもまた後日、ということで。

予約注文していたApple Watchが出荷された

IMG_2725

予約注文開始時に、注文していたApple Watch Sport(参照)の出荷連絡がきた。予約注文が始まって10分以内で注文できていたので、発売日(2015/4/24)に届くことを期待していたので、よかったよかった。

今週は出張中で、明日4/24夕方頃に帰宅予定なので、その頃には届いているといいな。使うのが、楽しみ。既に試着しているとはいえ、普段使いしてみないと、Apple Watchの良さ(あるいは、その逆)が分からないからね。

そして、Apple Watchを使い始めたら、ここ半年強使っていたG-Shockもほとんど使わなくなってしまうだろうな。昨年Apple Watchが発表されたときに、それまで腕時計をつけていなかったので、Apple Watchをゲットするための準備として、何か腕時計をしておいて慣らしておこうかな、ということで、G-Shockを買ったので、お役御免、といったところだけども。

Untitled

↑の写真は、先日のかすみがうらマラソン(参照)の走行時間。こういうシンプルで最低限の機能は搭載されていて、頑丈だし、濡れても平気だし、いい時計だと思う。

Apple Watch Sportを予約注文した。そして、試着もした。

P4103309.jpg

こちらのエントリーで宣言したとおり、今日から予約注文が開始されたApple Watchを注文した。そしてその後に、アップルストアで試着してきた。

予約注文

予約注文が始まったのは、今日4/10 16:00。で、その数分前からiPhoneのApple Storeアプリがメンテナンス状態となっていた。

Untitled

16:00になってすぐにApple Storeアプリを起動したのだけど、数分間はメンテナンス状態が続いていて、16:05を過ぎた辺りから注文できる状態になったので、即予約注文。

apple_pre-order

予約注文したのは、Sportの38mm(小さい方)で色はスペースグレイ。16:10前に注文完了していたので、出荷予定は「4/24 ~ 5/8」となっていて、うまくいけば発売日の4/24に届く予定。楽しみだ。

試着

で、もう予約注文してしまっているのだけど、どうしても実物を触ったり、実際に動いているところを見たり試したりしたかったので、↓のページからアップルストア銀座店での試着の予約をして、実際に触ってきた。

» Apple – Concierge
http://concierge.apple.com/stores/jp?channel=1&locale=ja_JP&type=tryOn

SPORTの試着を予約しようと思ったのけど、もうほぼ予約がいっぱいで希望時間で予約できなかったので、試着できて触れて体験できるのなら、どのモデルでも同じかな、ということで、EDITIONの試着が希望時間で空いていたので、予約をした。

仕事を終えて18時半頃にアップルストア銀座に行くと、Apple Watchの展示や試着が始まったということで、かなりの人。1階のフロアではショーケースに入ったApple Watchを見れた。試着用のテーブルもあって、そこで試着しているお客さんがたくさん。

そこで、スタッフの方にEDITIONの試着予約をしていることを伝えると、普段は「Employee Only」となっている5階の会議室のような部屋に案内されて、そこで試着することができた。

P4103335.jpg

100万円以上するEDITIONの試着は限られたストアでしかできないようになっていて、かつこんな風に通常の販売スペースとは別の部屋で試着できるのは、銀座店のみ、らしい。

ちょっと試着できればいいかな、くらいの軽い気持ちで来てしまったので、この思いがけない特別感に軽くびびりつつ、試着と、電源の入ったApple Watchを触ってみた。

▼電源の入ったApple Watchは、こんな感じの展示がされている。Apple Watch上の画面と、台座についているディスプレイが連動していて、Apple Watchの画面に映っているアプリ等の説明が台座のディスプレイに表示される仕掛けになっている。この辺りの見せ方は、さすがアップルだなあ、と。

P4103358.jpg

実際にApple Watchのタッチパネルをタップしたりスワイプしたりして操作してみると、この小さな画面でもほとんど問題なく操作することができた。そして、ぐっと押し込む操作も試せた。デジタルクラウンでの操作もスムーズ。インターフェースや操作性は、かなり考えて作り込まれているな、と。実際にApple Watchが手元に届いて、普段使いしてみて、また感想を書いてみようかなと思う。

▼ミッキーマウス時計の動くところ。

そして、試着。まずは予約注文済みのSPORTモデルを。EDITIONの試着予約をしていても、リクエストすると他のモデルも試着させてもらえる。

▼SPORTモデルの42mm(大きいほう)。

P4103351.jpg

▼SPORTモデルの38mm(小さいほう)。

P4103352.jpg

予約注文していたのは、38mmのほうだったのだけど、思っていたよりも小ぶりで、42mmのほうがしっくりきた。うーん、これは42mmを予約注文すべきだったかな、変更するかな、と少し悩んだ。

が、38mmを少しの間つけ続けていると何となく馴染んできた。そんで、僕の場合は散歩やジョギング等も含めて、とにかく常につけていることになるだろうな、ならやっぱり少しでも小さくて軽いほうがいいよな、ということで、予約注文していた38mmのままでいくことに。

ただ、実際に電源が入った状態で展示されていてタッチパネル等を操作することができたのは42mmのみだったので、38mmでもタッチ操作がスムーズにできるかどうかは実際にやってみないと分からない、かな。まあ、問題はないとは思うのだけど。

▼そして、EDITIONモデルも試着してみた。

P4103307.jpg

P4103311.jpg

SPORTモデルに較べて、かなりズッシリと贅沢な重量感。単に重たいというのとは違う、質感の高さというか何というか。高級なものをつけている感がある。

P4103319.jpg

ゴールドの色もあまり下品な感じもない、かな。

P4103332.jpg

・・・とはいえ、手が出る金額ではないのだけども。100万円、200万円以上する時計を試着する、という貴重な体験でした。

P4103322.jpg

というわけで

Apple Watch Sport 38mmを予約注文したぜ、そしていじってみたぜ、試着もしたぜ、という話でした。

個人的には、つけてみた感じもいいし、画面の動きもスムーズだし、デザインも割とすっきりしていてつけていてそこまで主張しすぎる感じもないし、Apple Watchを普段使いするのが楽しみ。生活が大きく変わることはないかもしれないし、あるかもしれない。それも実際につけて使ってみないと分からないからね。

あ、あとApple Watchのバッテリーは1日しか持たないので毎日充電する必要があるのだけど、そこはあまり問題じゃないかなと思っている。普段も時計をつけて寝ることはないしね。寝る前に時計を外して充電、翌朝充電されたApple Watchをつけて活動開始、というルーチンは個人的にはOKなので。

P4103356.jpg

See also

» Apple – Apple Watch
http://www.apple.com/jp/watch/