AirMac Extremeを導入したら、インターネット接続速度が3倍近くになって、えらい快適である。

image

5, 6年ほど前に購入した無線LANルーターを、今住んでいるマンションに2年ちょっと前に引っ越してからもそのまま使用していたのだけど、最近やたらと自宅からのインターネット接続が遅いなあと感じ始めていたこともあり、AirMac Extremeを導入することにした。

» Apple – Mac – AirMac Extreme
http://www.apple.com/jp/airmac-extreme/

独特のデザインだけど、アンテナが最上部に配置されていることで、802.11ac(最大1.3Gbpsのデータ転送速度)のパフォーマンスを自宅マンション内のどの部屋・場所でも、最大限に発揮できそうだ、ということは割と前から思っていた。

とはいえ、インターネット接続が致命的に遅いというわけでもなかったため、特に買う強い動機はなかった。が、ここ最近の不安定さや遅さがかなり気になり始めたので、購入したのだった。

※有線接続しているiMacのインターネット接続は速度も大分出ていて安定していて、マンションの共有インターネット接続回線自体は特に問題のない品質、ということは分かっていたので、ボトルネックは無線LANだよね、ということも分かっていたわけだけど。

で、アップルストアオンラインで注文して、翌々日には届いて、早速設定してみた。

設定自体は、iOS端末(iPhone、iPad)やMacのAirPort Utilityから、簡単に設定できる。これ、本当簡単。AirMac Extremeの電源をOnにして、少し経ってからiPhoneでWiFi検索するとAirMac Extremeが見つかるので、あとは画面の指示に従うだけで設定完了できる。

その後、確実に802.11acのデータ転送速度で接続できていることが目に見えたほうが個人的にはベターなので、5GHz用の名前(SSID)をつけた。

※MacのAirPort utilityでは”Wireless” > “Wireless Option…”から、iOS端末のAirPort utilityでは”Advanced” > “WiFi Settings”から、5GHz用のSSIDを設定できる。

そして、AirMac Extremeに5GHz(802.11ac)で接続してみて、インターネット接続の体感速度が劇的に改善した。いやほんと、快適になった。なんでもっと早く導入していなかったかね俺、と何度も心の中でつぶやいた。

んで、実際に接続速度(スループット)も計測してみたのだけど、AirMac Extreme導入前と比べて、3倍近い速度が出るようになった。そりゃー、体感速度も速くなるよね。

これだけ改善するなら、もっと早く導入しとくんだった、ほんとに。

まあ、何はともあれ、快適である。いいことだ。

B00DCM55A8
» APPLE AirMac Extreme ME918J/A (Amazon)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *