ライスボウル2015を観てきた。富士通優勝!の瞬間を『ARROWS NX F-02G』で撮ったよ。

DP2Q2308.jpg

SIGMA dp2 Quattro, F7.1, 1/400s, ISO:100

昨年の日本社会人選手権「ジャパンエックスボウル」の優勝チームと、全日本大学選手権「甲子園ボウル」の優勝チームが対戦する、『ライスボウル2015』を東京ドームで観戦してきた。

» アメリカンフットボール日本選手権 プルデンシャル生命杯 第68回ライスボウル 公式サイト | とどけよう、スポーツの力を東北へ!
http://ricebowl.americanfootball.jp/

東京ドームはほぼ満員。社会人代表チームの富士通と、学生代表チームの関西学院大学の応援合戦もかなり迫力があった。

IMG_20150103_150824

ARROWS NX F-02G

試合はかなりの接戦だった。先制した富士通が、関西学院大学に逆転されるも、最後は富士通が再逆転のタッチダウンを奪い、その後もだめ押しのフィールドゴールが決まり、33 対24で富士通が勝利、初の日本一!に輝いたのだった。

富士通の携帯・スマートフォンをレビューするケータイ会議のメンバーでもあり、ARROWSをずっと愛用してきている富士通の携帯・スマートフォンユーザーでもあるので、富士通が優勝して、興奮・感激した。

そして、富士通の前半のタッチダウン(とその後のフィールドゴール)と、富士通優勝の瞬間を、先日までレビューしていた『ARROWS NX F-02G』で動画撮影してきたので、YouTubeにアップした。こうして後から見直しても、熱くなるね。

※動画の撮影サイズ設定は、最大サイズの「画面ぴったり」(2560×1440)。『ARROWS NX F-02G』には動画手振れ補正もついていて、その手振れ補正は「FullHD」(1920×1080)までは有効にできるのだけど、最大サイズの「画面ぴったり」(2560×1440)では手振れ補正は効かないので、できるだけブレずに撮ろうと頑張った。が、僕自身興奮していたし、周りも盛り上がっていたので、普通にブレた。おかげで、というわけでもないけど、臨場感が出た、気がする。

▼タッチダウン(その後のフィールドゴール)シーン

▼富士通優勝の瞬間(カウントダウン)

アメフト、面白い

アメフトはこれまでほとんど見たことがなく、ルールもよく分かっていなかったのだけど、昨年、アメフト好きの友達に誘われて初めて観戦してから、アメフトに興味を持ち始めた。ルールを理解して観ると、こんなに奥が深いのか、と。何度か試合を観ることで、色々な戦略等も分かってきて、それを分かって観ると、これがまた楽しい。

アメフト、面白い。今年もまた、アメフト観戦楽しもう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *