SIGMA dp2 Quattro用「つけっぱなしフード」をゲット。これはまさにつけっぱなしでいける。 #dp2quattro

DP3M3132.jpg
SIGMA DP3 Merrill, F8.0, 0.6s, ISO:100

@foxfotoさんが3Dプリンタで制作・販売しているSIGMA dp2 Quattro用の「つけっぱなしフード」をゲットした。

» SIGMA dp2 Quattro用自作フード完成!販売開始! : ASPHERICAL WORLD

早速dp2 Quattroに取り付けてみたのが、冒頭の写真。この一体感、素晴らしい。

基本的にはフードをつけて撮影したいので、こうやってつけっぱなしに出来るのは嬉しい。DP2 Merrillでは純正フード(LH2-01)をつけっぱなしにしていて、その形状からレンズに誤って指が触れてしまう、ということはほとんどなくレンズ保護の役割も担っていたのでレンズキャップはつけてなかった。このSIGMA dp2 Quattro用「つけっぱなしフード」も同様に、触ろうとしないとレンズに指が届かないので、この「つけっぱなしフード」の上からレンズキャップをつけることはできるのだけど、個人的にはレンズキャップは必要なし。なので、何か撮ろうというときに、レンズキャップを外すステップとか、外したレンズキャップをどこにしまっておくかといった悩みもなくなるので、ぐっとdp2 Quattroでの撮影が楽しくなった。

それにしても、この一体感はしっくりくるなあ。

▼参考までに、フードなしはこんな感じ。

DP3M3139.jpg

▼そして、dp2 Quattro用純正フードをつけるとこんな感じ。

DP3M3138.jpg

でかい。そしてフードの存在感がすごい。

レンズ表面にAF補助光のライトがあるので、「つけっぱなしフード」をつけるとAF補助光は使えなくなりOFFにする必要があるのだけど、個人的にはそこはあまりネガティブな要素ではないかな。

それと、純正フードと同じバヨネット形式になっていて、しっかりと装着されているので、それによって一体感がさらに増している。ほんと、元々こういうデザインのカメラだったみたい。

というわけで、「つけっぱなしフード」大満足です。一度つけてしまうと、もう外す理由が見当たらない、というか外す必要なし。つけっぱなし。

今なら送料込みで2500円(2014/7/18現在)。初回限定特価になるだろうとブログで書かれていたので、買うなら今。お勧めです。

DP3M3133.jpg

See also

» foxfoto (Fox_now) on Twitter
» SIGMA dp2 Quattro用自作フード完成!販売開始! : ASPHERICAL WORLD

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *