英語の回文がおもしろい

2013-11-29 13.30.24.jpg

NHKラジオ 実践ビジネス英語 2013年11月号』Lesson 15の「Graffiti Corner」(落書き的に英語を楽しむコーナー)で紹介されていた、英語の回文(Palindrome、前後どちらから読んでも同じになる語句・文)が面白かった。

有名どころでは、というので紹介されていたのが以下の回文。

radar
race car
Madam, I’m Adam.
Sir, I’m Iris.
Was it a car or a cat I saw?

で、珍しい回文として、以下も紹介されていて、特に二つ目がおもしろいなあ、と。

U.F.O. tofu.
Mary’s words (in a pajama), “Japan is Drowsy Ram.”

ほほー、ということで、他にも調べてみたら、色々とヒットして、さらにほほー、となったわけだけど、なかでも『Palindrome List』で紹介されていた以下の回文が、いやよく考えたな、これ、と。

Are we not pure? “No sir!” Panama’s moody Noriega brags. “It is garbage!” Irony dooms a man; a prisoner up to new era.

英語でも日本語でも、他の言語でも、検索すると色々な回文が出てくるので、暇つぶししたいときにでも見てみるとおもしろいかも、です。

Enjoy

» Palindrome List — Palindromes, Palindrome Words, Examples
» Palindrome – Wikipedia, the free encyclopedia

↓あたりになると、もうちょっと意味が分からない。

» A 17,259 Word Palindrome (or Palindromic Sentence)

日本語の回文もおもしろい。

» 回文 – Wikipedia
» 日本一長い回文

See also

NHK ラジオ 実践ビジネス英語 2013年 11月号 [雑誌]
» NHK ラジオ 実践ビジネス英語 2013年 11月号 [雑誌]

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *