『PENTAX K-3』は暗めのシーンでも、かなり撮れる

IMGP0688
Pentax K-3 + DA40mmF2.8XS, F3.5, 1/400s, ISO:3200

※リコーイメージングの『Kマウント 最上位機種 一眼レフ「PENTAX K-3」発売前タッチ&トライ ブロガーミーティング』に参加し、モニターとして『PENTAX K-3』をしばらくお借りしていますので、『PENTAX K-3』関連エントリーに使用している写真は、すべて『PENTAX K-3』で撮影したもの(JPEG撮って出し)となります。

『PENTAX K-3』、高感度がなかなか強い + ボディ内手振れ補正がかなりいい、そしてローパスフィルターレス、というわけで、暗めのシーンでも手振れすることなく、かつ高感度で撮っても十分な画質で撮れる。

ここ最近は、高感度がめちゃくちゃ弱い + 手振れ補正がついていない、SIGMA DP2/DP3 Merrillで写真を撮ることが多かったので、このエントリーで使っている写真のようなシーンではほとんど撮ることができなかった。

個人的には、こういうシーンを撮るのは割と好きで、『PENTAX K-3』では安心して撮れるので、撮っていても、あとから撮った写真をみていても、楽しいわけで。

以下、いくつか自己満足的によく撮れてるなあ、と思う写真を並べてみる。最大ISO感度は、3200に設定。他のブロガーの方のレビューを見ていると、それ以上のISO感度でも十分いけそうだけど、個人的には3200以上で手持ちで撮るシーンというのはあまりないかなー、と。ボディー内手振れ補正も効いているので、かなり遅いシャッター速度でも手振れを抑えて撮れるので。

PENTAX K-3 + DA40mmF2.8XS

まずは、ケースケさんにお借りしたビスケットレンズ『DA40mmF2.8XS』で撮った写真から何枚か。

【参照】
» ビスケットレンズ『DA40mmF2.8XS』をケースケさんにお借りしたので『PENTAX K-3』につけてみた&撮ってみた

▼白金台辺りの住宅街。夜20時くらいだったのだけど、人が一人も歩いていない道だった。手前から奥までしっかりと写ってる。

IMGP0674
Pentax K-3 + DA40mmF2.8XS, F3.5, 1/25s, ISO:3200, -1EV

▼大きめの通りでも静かな雰囲気。街灯の感じがいい。光が当たっている歩道がやたらとクリアに写る。

IMGP0682
Pentax K-3 + DA40mmF2.8XS, F3.5, 1/60s, ISO:3200

▼佇む車止め。K-3のファインダーは明るいので、暗めのシーンでもピントのやまが見えやすいのが助かる。

IMGP0683
Pentax K-3 + DA40mmF2.8XS, F3.5, 1/60s, ISO:3200

▼ワインバーのショーウインドウ。こういうシーンでは水平をしっかりと出したいので、電子水準器が活躍する。やっぱり、電子水準器があると便利だ。

IMGP0685
Pentax K-3 + DA40mmF2.8XS, F3.5, 1/60s, ISO:3200

PENTAX K-3 + DA18-135mm F3.5-5.6 WR

次に、モニターとしてお借りしている、PENTAX K-3レンズキットについてくる『DA18-135mm F3.5-5.6 WR』を使って、恵比寿ガーデンプレイスで撮った写真から何枚か。

» PENTAX K-3 18-135WRキット: PENTAX デジタル カメラ | RICOH IMAGING

▼この時期の恵比寿ガーデンプレイスはすごく雰囲気がいいのだけど、その雰囲気をちゃんと写せたかな、と。

IMGP0648
Pentax K-3 + DA18-135mm F3.5-5.6 WR, F3.5, 1/40s, ISO:800

IMGP0629
Pentax K-3 + DA18-135mm F3.5-5.6 WR, F5.6, 1/40s, ISO:800

▼月が出ていたので、カメラを向けてみた。特に露出補正等していないのだけど、月、空、建物、どれもちゃんと表現されている。K-3の露出はやっぱりいい。

IMGP0635
Pentax K-3 + DA18-135mm F3.5-5.6 WR, F4.5, 1/80s, ISO:3200

▼こちらはちょっと暗めに撮れた。この雰囲気、きらいじゃない。

IMGP0642
Pentax K-3 + DA18-135mm F3.5-5.6 WR, F4.0, 1/40s, ISO:3200

▼ベンチが浮かび上がるような感じで撮れた。影もいい。

IMGP0640
Pentax K-3 + DA18-135mm F3.5-5.6 WR, F4.0, 1/40s, ISO:3200

▼ちょっとピントがあまくなった感もあるけど、雰囲気は十分な描写。いいね。

IMGP0645
Pentax K-3 + DA18-135mm F3.5-5.6 WR, F5, 1/40s, ISO:3200

というわけで

暗いシーンでも、手持ちでこれだけ撮れて、描写もいいので、本当楽しい。ボディー内手振れ補正、ローパスフィルターレスというのが相当効いている感じがする。

レッズキットについてくる『DA18-135mm F3.5-5.6 WR』もよく写るけど、個人的には『DA40mmF2.8XS』の写りのほうが好み、かな、と。単焦点だから、というのもあるのだけど、これだけの薄さ(レンズキャップを二個重ねたくらいの薄さ)のレンズでこれだけ撮れる、というのが何だかまた不思議というか、楽しいというか。以前も書いたけど、このレンズもついてくるPENTAX K-3ダブルレンズキットを、リコーイメージングさんは本気で考えるべきだと思う。APS-Cの一眼レフとしては比較的コンパクトなK-3に、このビスケットレンズをつければ結構持ちやすくて携帯力・機動力がずっと上がって、普段持ち歩くこともそこまで大変ではなくなるので、活躍できるシーンがさらに出てくると思うので。

IMGP0687
Pentax K-3 + DA40mmF2.8XS, F3.5, 1/400s, ISO:100

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *