『仮面ライダーウィザードファイナルステージ&番組キャストトークショー』を観てきた

ウィザード

今日10/6(日)から、新しい仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー鎧武/ガイム」が始まり、その第一回を観て、まだまだ設定とか展開についていけてないところがあるなか、前仮面ライダーシリーズ「仮面ライダーウィザード」の「ファイナルステージ&番組キャストトークショー」の千秋楽を、昨年のフォーゼに引き続き中野サンプラザで観てきた。

【参照】
» 『仮面ライダーフォーゼ ファイナルステージ&番組キャストトークショー』を観てきた | hey hey heydays*

第一部ファイナルステージは、全タイプのウィザード、ビースト、そしてメイジも三色全て、さらに敵キャラもメデューサ、グレムリン、フェニックス、ソウサラーも登場して、アクションも激しく、なかなか豪華な内容のショーで楽しめた。

そして、第二部番組キャストトークショーには以下のキャストの皆さんが参加。

  • 白石隼也(仮面ライダーウィザード/操真晴人役)
  • 奥仲麻琴(コヨミ役)
  • 永瀬匡(仮面ライダービースト/仁藤攻介役)
  • 戸塚純貴(奈良瞬平役)
  • 高山侑子(大門凛子役)
  • 中山絵梨奈(メデューサ/稲森真由役)
  • 篤海(フェニックス役)
  • 前山剛久(グレムリン役)

以下、熱いトークショーを観てきたばかりなので、暑苦しめな感じで感想など。

トークショーでは、それぞれの一年間の思い出や、作品に対する思い、そしてそれぞれ色々と工夫を凝らした変身シーンを演ったりと、盛りだくさんなトークショーで思いっきり楽しんで、そのまま楽しい雰囲気で終わるのかと思っていた。

ところが、最後にウィザード役であり主役の白石隼也さんが締めの挨拶をする、というところで、きっと千秋楽ということもあり、他のキャストから白石さんに対してそれぞれサプライズメッセージを伝え始めた。これがもうみんなかなり熱い内容で、ほとんどのキャストが泣いていて、もうえらい感動してしまっていたのだけど、そのあと白石さんから、それぞれキャスト一人ずつに対して色々なエピソードを交えつつメッセージを伝え始めて、その姿が何とも男らしく、そしてその熱いメッセージに、さらに感動。キャストの皆さんはもちろん、会場全体が感動して、大げさではなく、ほとんどのお客さんが泣いていたくらい。

一年間という長期間のドラマを、キャストの皆さんそれぞれが、観てる側からは想像できないくらい熱い思いを込めて作ってきたんだなー、と胸が熱くなった。自分達のことばかりではなく、これからも仮面ライダーシリーズを応援お願いします、というようなコメントもあり、頭が下がる思い。

一年間、ウィザードを観てきて、あんな風なラストになるとは思わず、なんというかその世界観というかメッセージみたいなものが強烈な作品で、最初はそうでもなかったのが途中からかなりのめり込んだ仮面ライダーウィザードの、ファイナルステージ千秋楽。観れて良かった。キャストの皆さんの熱い思いにも触れて、やっぱりウィザード、そして仮面ライダーは熱いし面白いなあ、と実感。

新仮面ライダーの鎧武/ガイムも、これからどんどん楽しくなっていくかな、と思うので、楽しみである。

See also

» 仮面ライダーウィザード | テレビ朝日
» 仮面ライダーウィザード ファイナルステージ&番組キャストトークショー [DVD]
» 仮面ライダーガイム|テレビ朝日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *