自宅のRAW現像/写真管理環境をリニューアルしたくなってきたぞ

_SDI0258_monocrhome.jpg
SIGMA DP3 Merrill, F5, 1/200s, ISO:200, Monochrome

SIGMA DP2 MerrillとDP3 Merrillでは、そのポテンシャルを最大限発揮するためにRAWで撮影している。SIGMAのRAWフォーマット(X3F)は、ぼくが写真管理、RAW現像ソフトとして使っているAdobe Lightroomでは対応されていないので、SIGMAから提供されている専用のRAW現像ソフト『SIGMA Photo Pro』を使ってRAW現像をして、JPEGかTIFFに書き出して、Lightroomに取り込んで、Flickrにアップする、というフローがどうしても必要になる。

※RAW+JPEGで撮影して、そのJPEGをそのまま使う、ということも出来るけど、そこは好みの問題というか、Merrill使っている以上はこだわりたいというか、せっかくだからRAWで撮ったものを専用ソフトで現像して、手間がかかったとしてもなるべくオリジナルから画質が劣化しないようにしたい、と思っている。この辺りの手間が面倒と感じたり、とにかく手軽に撮って、取り込んで、Flickrにアップしたい、ということであれば、そもそもMerrillシリーズじゃなくても良いわけで。

で、この現像ワークフローの中核をなす『SIGMA Photo Pro』の動きが、うちの環境だと結構遅いので、手間はいいけどそこは何とかしたいなあ、Mac買い替えちゃうかあ、どうしようかあ、という悩ましい話をただ語ってるのが今回のエントリー。

_SDI0131.jpg
SIGMA DP3 Merrill, F5, 1/100s, ISO:100

現在の環境

MacBook Air 13-inch(Late 2010)と、iMac 21.5-inch(Late 2009)を普段使いしているけど、MacBook Airは外出時やちょっとリビングで調べもの、とかそういうとき用で使っていて、スペック的にもRAW現像には適していないので、iMacのほうで写真管理、RAW現像を行っている。

iMacのスペックはこんな感じ。昨年7月にメモリを12GBに増設した。

About This Mac

HDDは1TBのものを積んでいるのだけど、いまはその85%くらいは使っていて(その半分近くは写真データ)、残容量は概ね160GBくらい。MerrillのRAWファイルは、一枚50MB前後とかなりファイルサイズが大きく、iMacのHDDに保存するとあっという間に残容量がなくなってしまう。なので、Time Machineでのバックアップ用に使っている外付けのHDD(2TB)に”Pictures”というフォルダを作って、そこで「機種 / 日付」という階層で保存している。

SDIM0800.jpg
SIGMA DP2 Merrill, F4.5, 1/500s, ISO:200

何が問題か

「SIGMA Photo Proの動きが遅い」、と↑で書いたけど、何がどう遅いかというと、もう全体的に遅い。

ファイルの読み込み、閲覧がまず遅い。ファイルの読み込みにも時間がかかるし、ある日付フォルダ内に数十枚のX3Fファイルが保存されている場合に、下の方にスクロールさせると読み込み中に固まってしまったり。

そして、まとめて現像、ではなくて、じっくりと現像したい、と思う写真を開いて、色々と現像処理(ホワイトバランス調整、露出調整、ハイライト調整、ノイズリダクション、等々)をしていても、何か変更するたびにそれが画像/画面に適用されるまでに結構待たされる。微妙な調整をしたいときとか、変更のたびに待たされるので、気長にやるしかない。

で、こういった状況は、まあ本当に気長にやっていけばギリギリ我慢できる範囲かな、と思いつつも、Merrillで撮った写真をもっとたくさんじっくりと現像したい、という思いも日に日に強くなってきているので、すぐに買うかどうかはひとまず置いといて、自宅のRAW現像/写真管理環境をリニューアルするとしたら、どういうオプションがあるのか、というのをここ数日悶々と考えているわけです。

SDIM0792.jpg
SIGMA DP2 Merrill, F5.6, 1/200s, ISO:200

iMacか、MacBook Pro Retinaか、あるいはMac miniか

悶々と考えている、と言いつつ、オプションはそんなに多くないわけで。

  1. iMacを買い替える。現iMacは売る。MacBook Airは引き続き使う。
  2. MacBook Pro Retinaに統一する。iMacは売る、か一応他の用途(音楽管理とか)で使う。MacBook Airは売る。
  3. iMacをMac miniに置き換える。iMacは売る、か一応他の用途(音楽管理とか)で使う。MacBook Airは引き続き使う。

Facebookでも友達と少し意見交換をしたりして、今日の時点では、(1)がいいかな、と考えているところ。Merrill写真をRetinaで見たい、という気持ちも割とあるので、(2)もかなり有力候補だけども。(3)は、ディスプレイも追加で買う必要があるとはいえ、それでもコスト的には一番買いやすいので悩みどころだけど、せっかくなので向こう数年間というスパンで長く使っていけるよう、よりハイスペックなMacを買っておいたほうが、長い目でみるとコストパフォーマンスもいいのかな、というわけで、(3)は候補からは外そうかな、と思っているところ。

_SDI0281.jpg
SIGMA DP3 Merrill, F4, 1/1000s, ISO:200

というわけで

いずれにしても、自宅のRAW現像/写真管理環境のリニューアルはしたいなあ、と思っているので、遅かれ早かれ、というところだけど、もう少し待てばiMacやMacBook Proのバージョンアップ(多分デザイン刷新等のメジャーではなくて、スペック強化等のマイナーバージョンアップになるとは思うけど)の話も出てきそうな感じもしているので、その辺りを待ちつつ、Merrill写真RAW現像を気長に楽しみつつ、もう少し悶々としようかな、と。

_SDI0321_monocrhome.jpg
SIGMA DP3 Merrill, F6.3, 1/400s, ISO:200, Monochrome

See also

» iMac 21.5-inch | hey hey heydays*
» iMac (Late 2009)のハードディスクが壊れる → 交換 → Time Capsuleからデータ復旧 → 完全復活! | hey hey heydays*
» iMac(Late 2009)にメモリを増設した(4GB -> 12GB) | hey hey heydays*
» MacBook Airがやってきた | hey hey heydays*

APPLE iMac 21.5
» APPLE iMac 21.5″/2.7GHz Quad Core i5/8GB/1TB MD093J/A

APPLE iMac 27
» APPLE iMac 27″/2.9GHz Quad Core i5/8GB/1TB MD095J/A

Apple MacBook Pro withRetinaDisplay15.4/2.6GHzQuadCorei7/8GB/512GB MC976J/A
» Apple MacBook Pro withRetinaDisplay15.4/2.6GHzQuadCorei7/8GB/512GB MC976J/A

APPLE Mac mini/ 2.3GH Quad Core i7/4G/1TB/USB3/Thunderbolt MD388J/A
» APPLE Mac mini/ 2.3GH Quad Core i7/4G/1TB/USB3/Thunderbolt MD388J/A

» ほぼ日メリル | hey hey heydays*
» SIGMA DP2 Merrill – a set on Flickr
» SIGMA DP3 Merrill – a set on Flickr

シグマ デジタルカメラ DP1 Merrill 4600万画素
» シグマ デジタルカメラ DP1 Merrill 4600万画素

シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素
» シグマ デジタルカメラ DP2 Merrill 4600万画素

シグマ デジタルカメラ DP3Merrill
» シグマ デジタルカメラ DP3Merrill

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

One thought on “自宅のRAW現像/写真管理環境をリニューアルしたくなってきたぞ

  1. Pingback: MacBook Pro Retina 15-inch (Late 2013)がやってきた | hey hey heydays*

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *