新聞紙と水で、鏡をピカピカに掃除する。

DSC_9012.JPG

うちの奥さんが、以前のバイト先で知ったお掃除レシピ。

鏡(や窓)の掃除方法として、市販のクリーナー的なものもあるけど、うちでは新聞紙と水で掃除してます。これ、かなりピカピカになりますよ。やり方はいたって簡単。

DSC_9005.JPG

まずは鏡に霧吹きで水を吹きかけます。

DSC_9006.JPG

そして、適当なサイズに破いて丸めた新聞紙で水を吹きかけた部分を拭きます。

DSC_9011.JPG

それなりに力を入れて拭いてます。

DSC_9008.JPG

そして、乾いた新聞紙で仕上げます。

これだけ、です。本当、ピカピカになりますよ。

DSC_9017.JPG

ピッカピカになったよ!

ちなみにうちで使っている鏡は、無印良品の壁に付けられる家具シリーズのものです。

» 壁に付けられる家具・ミラー・小・タモ材/ナチュラル 幅44×奥行2×高さ32.5cm | 無印良品ネットストア

無印の壁に付けられる家具は他のもいくつか使ってるけど、なかなか便利です。色々なタイプがあってシンプルだし。部屋のなかでもあまり主張しない感じがいいです。

» 壁に付けられる家具 無印良品の収納 | 生活雑貨特集 | 無印良品ネットストア

See also

この掃除方法、ネットで検索してみたら、↓のページでも紹介されていました。

» 古新聞で鏡や窓ガラスがピカピカになる|OKGuide[OKガイド]

その後、乾いた新聞紙で磨くと新聞紙のインクで被膜が作られ、窓やガラスがピカピカになります。

ピカピカになるのには、そんな秘密があったのか…。

無印良品の壁に付けられる家具については、当ブログでも大分前にチラッと書いてた。

» 無印良品「壁に付けられる家具」が思いのほか素敵な件 | hey hey heydays*

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *