走るの好きか? – 『風が強く吹いている』

風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
» 風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)

読了。泣いた。

内容云々については、上記のAmazonページを参照してもらうとして、僕個人の感想などを。(ネタバレはないかな、とは思うけど、気になる人は本作を読んでから、以下を読んだほうがいいと思います)

走ること、独りで走ること、仲間と走ること、何かの目標を持って走ること、ただ走ること。「走る」という行為には、その人によって色々な意味が込められてくるものだな、と個人的には思っているのだけど、本作は「走ること」にとにかく真剣に向き合っている。登場人物もそうだし、筆者本人からもその真剣さは伝わってくる。

一言でいうと本作は、「箱根駅伝を軸にした青春小説」っていうことになるのかもしれない。実際そういう内容なんだけど、僕はその表面的な物語の、その上というか周りに漂う、走ることに対する色々な思いが伝わってきて、読んでいる間ずっと胸が熱かった。そして、実際に泣いてしまった場面が何度もあった。

最近走ることがとても好きで、僕の中で(というか大げさではなく僕の人生において)すごく大事なことになっているので、余計に響くんだ、きっと。

まだ2月だけど、本作は2011年のマイベスト小説。今年中に少なくとももう一回読もうと思う。そして、映画版も観てみよう。

風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD]
» 風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD]

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

4 thoughts on “走るの好きか? – 『風が強く吹いている』

  1. Pingback: 観終わった後、走りたくなってしかたない – 『風が強く吹いている』(映画)

  2. Pingback: 辞書というか言葉への熱い気持ちが熱い – 『舟を編む』 | hey hey heydays*

  3. Pingback: 読書メモ:風が強く吹いている(三浦しをん) | madagen

  4. Pingback: 世界最高記録への疾走 – 『ヒート』 | hey hey heydays*

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *