観終わった後、走りたくなってしかたない – 『風が強く吹いている』(映画)

風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD]
» 風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD]

先日、原作を読了してからすぐにても観たかった映画版を、今日観た。

※原作読了後のエントリーはこれ。
» 走るの好きか? – 『風が強く吹いている』

以下、若干ネタバレあり。なので、この作品(原作、映画)にまだ触れていない人は、読まないほうがいいかも。いや、別に大したことは書いていないのだけど、念のため。

まず、原作と映画、どちらが好きか、というと、個人的には原作のほう。まあ、小説と映画を比較しても仕方ないのかもしれないけど。けど、どちらがよりぐっときたか、というと原作のほう。それぞれの登場人物の描写や心象風景がより濃く描かれていたかなあ、と。まあ、映画版は時間的な制限もあるだろうから、致し方無い部分ではあるのかな、と思うのだけど。

それと、原作と映画版で物語の展開・シーンやセリフも違う部分が割とあって、原作を読んで泣いてしまった場面が映画だとさらっと流されていたりもして、少し拍子抜けしたりも。

それでも、この映画版もやっぱりぐっときたし、面白かった。原作を読んだ時も思ったことだけど、多分僕が最近走ることにはまっていて、その楽しさに目覚めてしまったからというのがあって、よりぐっときちゃってんだろうなあ、と思う。

ただ、この映画版のキャストがあまりにハマっていて、そこがとても良かった。原作と映画でキャラクターのイメージが違う、ってなことって結構あることなので。『風が強く吹いている』の映画版は、メインキャラクターであるハイジとカケルのイメージがぴったりだし、他の駅伝メンバーのイメージもあっている。この「原作と映画版のキャラクターのイメージ」というのは結構大事な部分だと思うので、そこの辺りがとても良かったなあ、と個人的には思うところ。

さて、そんなわけで、今日は一日雪で走ることが出来ない中この映画を観てしまっているので、いま走りたくてウズウズしているわけだけど、明日も雪っぽいので走れるかどうか微妙なのがちょっと切ない。ちょっとくらいの雪だったら走ってしまおうかな。

snowing...

See also

風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
» 風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)

漫画版もあるみたいだ。読んでみたい、読んでみよう。

風が強く吹いている 1 (ヤングジャンプコミックス)
» 風が強く吹いている 1 (ヤングジャンプコミックス)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

One thought on “観終わった後、走りたくなってしかたない – 『風が強く吹いている』(映画)

  1. Pingback: 辞書というか言葉への熱い気持ちが熱い – 『舟を編む』 | hey hey heydays*

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *